アバレ川 1410m地点まで


地形図では滝が無さそうだが、ゴルジュ風の滝の連続するワクワク感いっぱいの沢

コース名美瑛富士登山口駐車場→アバレ川→ポンピ沢と登山道の交差地点→望岳台 GPSトラック図
登山日2011.8.19(金)
天候晴れ
メンバー山のメーリングリスト仲間8名
道路情報白銀温泉から美瑛富士登山口に向かう入口にゲートがある。ゲート鍵NOは森林管理署に確認。美瑛富士登山口から少し行った所に広い駐車場あり。そこからアバレ川へ向かう林道(ゲートあり)を15分ほど歩き入渓
所要時間●登り(ポンピ沢と登山道の交差地点まで):4時間25分
●下り(夏道を望岳台まで):1時間30分    休憩時間含む
参考タイム【8:50】美瑛富士駐車場(15')入渓(3゜50')勝瑛の滝(20')【13:15】登山道・昼食【14:00】(1゜30')望岳台【15:30】  ( )は休憩時間含む
山行メモ2泊3日のクワウンナイの予定が増水気味であること、8/20の午後雨予報であることから中止。8/19アバレ川と8/20三峰山沢右股から富良野岳に変更する。Tさんの話では7/23の遡行より8/14~16の土砂降りの雨でかなり水量が多いとのこと。入渓していきなり滝がでてくる。苔が張り付いた岩の中を水が飛沫を上げ勢いよく滑って流れ去る。ウオータースラーダーの様だ。岩盤状の曲がりくねったゴルジュの滝が多い。水の中は水圧で跳ねかえされる。直登やへつりを繰り返し越える。若駒のように跳ねる滝は、まさにアバレ沢。1250二股を右に進みと落差約30mの勝瑛の滝が見えてくる。近づくと瀑風で霧のような飛沫がかかり涼しくて気持ちいい。ここは左からガレ場の落石に注意しながら高く巻く。美瑛岳に向かってのポンピ沢はやがて夏道と交差する。そこで、蕎麦と冷麦で昼食。大休止。あとは夏道をのんびり下り望岳台へ。 HYMLで最近とみに脚光を浴びている沢に行けて良かった。白銀荘キャンプ場泊(1張1泊500円)宴会はは七輪でジンギスカンとホルモン。IさんとTちゃんの声が木霊し十勝連峰に響き渡る。山でのキャンプはいつも楽しい。

美瑛富士登山口駐車場から歩く
入渓してすぐ滝が現れる

苔蒸した岩に滝が似合う

小滝でも微妙な登りが続く
へつりも楽しい

写真を撮る余裕のないほど次から次と滝が現れる

ここで小休止。滝が勢いよく流れていく
一度、美瑛岳方面の景色が広がる

また、中滝が出てきた
この滝は右岸をいく

勝瑛の滝。この大滝は左のガレ場を高巻く

ポンピの沢。もう少しで夏道
夏道の交差点。ここで昼食

十勝岳への夏道を下る
望岳岳。澄んだいい天気

dummy

十勝の山リストへ    inserted by FC2 system