最終更新日:2012.11.1
 こんにちは!「YOSHIOの北海道山情報」へのご来訪ありがとうございます。「北海道の山の素晴らしさを伝えたい」「いつまでも雄大な自然を大切にしたい」「安全な山登りをしたい」 との思いからこのホームページを作成しています。楽しくてちょっと役立つページとなるよう少しづつ更新していきたいと思っています。


右の似顔絵イラストは友人の松本守さんが描いてくれました

  ◆ 北海道の山リスト350
    主に登山道のある北海道の山リストと山行記録、写真を掲載しています。
◆ 自然のおもしろ写真集    山を登りながら見つけた自然の不思議さを感じるちょっと面白い写真集です。
◆ 山行歴 平成2年から年に数十回と山に登るようになりました。その一覧です。
◆ どたばた山日記 山を登っていると思いもよらないハプニングがあります。そのエピソード集です。
◆ 案内図 初めての山は事前にガイドブックや地図を見ていきますが、登山口がなかなか    見つからないく不安になることがありますね。ちょっと参考になるかな。
◆ 登った山ベスト5   どの山もみんないいですが、特にその年に登った山で印象深かったベスト5です。
◆ 札幌の低山情報   札幌近郊には個性的な低山がたくさんあります。その登山情報です。
◆初めての山スキー   山スキー超初心者のあいの里近郊散歩と冬山へのチャレンジ記録
◆ 番外編「Welcome 札幌市あいの里」 私が住んでいる札幌市北区あいの里の紹介です。番外編ですが、最終目標は、   「あいの里の自然を大切にしたい」のメッセージを発信することです。
◆LINK集 私がお世話になっている方々や登山のHPリンク集です。


1948年生まれ。21才の時「尾瀬」の燧ガ岳にバスケットシューズで登ったのが初め
てです。天候は快晴!すっかり山の魅力にとりつかれ、それから東京近郊(丹沢など)
の山を少し登りました。一度、槍ガ岳から立山に縦走したこともあります。転勤で旭川
に来て、友人とよく大雪に行きました。沼ノ原に木道がなく運動靴に履き替え湿原を歩
いてトムラウシに行ったことが懐かしいです。
 結婚してからは殆ど行かなくなり、子供が少し大きくなった40才を過ぎた頃から
北海道の山を登って約22年になります。登山技術も無く夏山専門です。
妻を一度山に連れていってから彼女もやみつきになり、一緒に登ることが多くなってい
ます。また、会社の山仲間やインターネットを通じて知りあった人とも時々登っています。
 10年ほど前から山スキー、沢登りにものめり込みだしました。


 高山植物や野鳥を見ながらのんびり登っています。晴れの日を選んだ日帰り登山が
多いですが、小雨でも特に気にならず登ります。
 泊りの時は登山口近くのキャンプ場でテントを張り、次の日朝早く登って帰ってきます。
 山中でのテント泊は年に数回です。テントはARAIのAIRAIZE2です。


 やはり、道に迷わない、滑落しないように慎重に歩く(登る、下る)ということですが、
特に「交通事故」に遭わないよう安全運転に心がけています。


 登山者がだんだん多くなってきて(私もその一人ですが)、登山道からはみ出て歩き、
登山道の幅が徐々に広くなってきていること(当然、高山植物は踏まれる)が心配です。
こうならないよう意識して気をつけて歩いています。
 それに、避難小屋などでキャンプした時の排泄物の処理です。トイレの無いところは、
テッシュペーパーの花の所もあり、今後の自分自身の課題です。
 登山道でのゴミは少なくなりましたが、山頂での岩の隙間に落ちているゴミは気に
なります。登山道で空き缶などを見つけると極力、拾って持って帰ってきます。


 1999年12月発足した「北海道の山メーリングリスト」の仲間に刺激され、だんだん
山スキーや沢登りにも頭を突っ込みだした。ヘビーなものはもう無理ですが、少しづつ
自分なりにステップアップしていきたいと思っています。
 レスキューなども勉強して、安全登山に心がけたいです。

2006.7.29 群別川本流から群別岳へ

2006.4.24 浜益岳を滑る

2009.4.19 南日高の十勝岳を登る(右の山はオムシャヌプリ)


inserted by FC2 system