赤岳 2078m


第一花園、奥の平、駒草平からの紅葉は見応えがある

コース名銀泉台コース
登山日2015.9.16(水)
天候晴れ
道路情報2015年は9/12~9/27まで「道道銀泉台線」は車両交通規制でシャトルバスを利用する。大雪レイクサイトシャトルバス乗場に駐車。駐車協力金は200円。バスは6:00から30分毎に出発。最終は14:00。料金は片道500円。
トイレ情報銀泉台登山口にログハウス調のトイレがある。レイクサイトにもある。
所要時間●登り:2時間25分  ●下り:2時間20分 (休憩時間含む)
参考タイム【7:10】登山口(1゜00')奥の平(1゜25')【9:35】赤岳【10:10】(1゜20')奥の平(50')登山口【12:20】
  ( )は休憩時間含む
山行メモ昨晩は大雪防災ステーションで車中泊。レイクサイト6:30発のバスは層雲峡から来たバスで空き座席が少なかったが座ることができた。約30分で銀泉台登山口に着く。紅葉で人気の赤岳、さすがに登山者やハイカーが多い。有名な第一花園の紅葉は息を呑む錦絵。今年は紅葉が少し早いのかベストタイミング。登山者も数珠つなぎで、大きなカメラを肩にかけている人が多い。第一花園が過ぎてひと登りすると奥の平。ここからの紅葉も素晴らしい。また、ひと登りすると駒草平で平坦地を気持ちよく歩く。駒草平が終わる地点からの紅葉は登山道脇のウラジロナナカマドを入れて写真を撮ると全体が真っ赤に染まって写る。ここからが一番の核心部で、息を切らして登ると山頂が望める平坦な登山道となる。山頂は岩峰となっている。多くの登山者で賑わっており、皆さん小泉岳に向かって登って行く。我々は赤岳の紅葉鑑賞が目的なので、コーヒーやコーンポタージュを飲みのんびりと寛ぐ。約40分休んで下山。北大雪や東大雪の山々の雲も切れ、山がよく見えるようになった。いつ見ても武利岳がどっしりとしてかっこいい。武華岳、支湧別岳、屏風岳、雄阿寒岳、雌阿寒岳、クマネシリ岳などが確認できた。下山の紅葉も素晴らしく、何回も大休止して下りたので時間がかかった。
温泉層雲峡温泉「黒岳の湯」500円(割引券使用)

銀泉台登山口トイレ(女性用2基増設)
第一花園の紅葉

第一花園をトラバース
奥の平と紅葉

駒草平から望む(右は烏帽子岳)
駒草平からの紅葉

駒草平が終わる地点
多くの登山者で賑わう岩峰の赤岳山頂

山頂から白雲岳を望む
左から北鎮岳、凌雲岳、烏帽子岳、黒岳

下山では武利岳、武華岳、阿寒岳、クマネシリ岳などが紅葉の上に望めた


元に(赤岳~小泉岳~白雲)もどる


表大雪の山リストへ    inserted by FC2 system