大麓山 1459m


東大北海道演習林主催の「第3回大麓山ハイキング登山会」に参加

コース名麓郷東大演習林コース
登山日2004.9.20(月)
天候晴れ(高曇り)
道路情報東大の演習林の中の林道を経由して登る。富良野市麓郷の「麓郷森林資料館」からマイクロバスで林道を約13km行く。この林道はゲートで入ることはできない。駐車地点から林道2km、登山道1km歩くと山頂
所要時間●登り:1時間15分 ●下り:1時間5分
参考タイム【10:00】林道駐車地点(30')登山口(45')山頂(35')登山口(30')林道駐車地点【13:25】 
( )は休憩時間、樹木実地講習会を含む
山行メモあいの里5時30分発。集合時間まで時間があったので、「北の国から」のロケ地見学。「拾ってきた家」「五郎さんの石の家」「丸太小屋」を見て集合場所の「麓郷森林資料館」へ。今回の登山会には道内から28人が参加。北海道山MLからも近所のkoshioさんや5名参加。マイクロバスに乗って演習林の中のくねくねした林道を揺られながら駐車地点へ。歩く距離も標高差も少なく楽で嬉しい。ナナカマドの葉は落ちて紅葉はいまいちだが、穏やかな天気、気持ちよく登る。山頂は広く最高の眺望だ。富良野岳からの十勝岳連峰、境山から下ホロカメットク山の山なみが素晴らしい。原始ガ原もいい雰囲気で、ここからもいつか富良野岳に登ってみたい。境山から下ホロ、行きたいけど無理かな。東大雪や日高の山々も見え、みなさん満足そう。なかなか立つことのできない山頂、応募してよかった。帰りは林道の途中で車を止め、樹木の実地講習会。演習林の先生からトド松・エゾ松・アカエゾ松の見分け方、千島笹・熊井笹の違い、白樺・ダケカンバ・ウダイカンバの違い、そして倒木の更新などの説明を受ける。樹木の不思議さ大切さを学び思い出深い山行となった。
(来年の海の日ごろにも計画するようです)

大麓山への林道を歩く
山頂(富良野岳~十勝岳)

山頂(境山と下ホロカメットク山)
帰りの樹木実地講習会は楽しかった


dummy

十勝の山リストへ    inserted by FC2 system