恵山 618m


低山ながらも迫力あり。津軽海峡を経て東北の山々も見える!

コース名賽の河原コース(仮称)
登山日2004.8.4(水)
天候晴れ
道路情報国道278号線を椴法華村から恵山町に向かって走る。海岸線のTの字を左折。しばらく行くと賽の河原(恵山)へ行く道路へ左折。曲がりくねった道路を走ると広大な駐車場の賽の河原
所要時間●登り:1時間 ●下り:50分
参考タイム【14:45】賽の河原登山口(30')権現堂コース分岐(30')山頂(50')賽の河原登山口【16:50】
( )は休憩時間含まず
トイレ情報賽の河原駐車場に水洗トイレがある
山行メモ今年の夏休みは4泊5日で道南亀田半島の山々を登ることにした。恵山は初日。鹿部町→南茅部町→椴法華村ときて白い灯台のある恵山岬へ。その後、一度戻って恵山町に行き、広大な駐車場の賽の河原へ。札幌から約345km。活火山で硫黄の匂いのする恵山は想像以上の迫力。天気も良く、足元も火山灰で歩き易そうなので、短パンのまま登る。展望台がどこにあるのか分からなかったが、展望台コースの標識に従って進むと、まもなく観音コースの分岐となるが、そのまま直進。恵山の裾野をトラバースするように歩道があり、やがて権現堂コースの標識が出てくる。ここから山頂まで1640mの表示。明日登る海向山が黒々と見える。緩い傾斜の登山道なので歩き易く楽だ。群青色の噴火湾と椴法華村や南茅部町の海岸線が美しい。海向山の右奥に三角錐の丸山593mが目を引く。山頂までの距離を示した標識に導かれ頑張ると、白いガクアジサイやガンコウランの気持ちのよい台地となり、白い鳥居のある山頂に着く。山頂からは遠くに横津岳、津軽海峡を経て東北の山々が見え、眺望は最高、鳥になった。
温泉恵山温泉旅館 300円。一人で入浴。いい温泉だった
泊と食恵山町海浜公園で車中泊。隣りに道の駅とローソンがある。ローソンの隣りに「恵山ラーメン」の店がある。ウニ、貝、ホタテ、海草等が入っていて美味しい。特に塩味がお薦め(980円)

恵山町の海岸線から見た恵山
低山ながらも迫力がある恵山

権現堂コース分岐
山頂から三角錐の丸山方面を見る


dummy

道南の山リストへ    inserted by FC2 system