三峰山沢右股から富良野岳 1911m


大滝は九重の滝、華雲の滝の二つ。赤い岩盤を勢い良く流れる水の遡行は楽しい

コース名三峰山沢右股コース    GPSトラック図
登山日2015.9.26(土)
天候曇り
メンバー山のメーリングリスト仲間10名
道路情報「バーデンかみふらの」の向いにある駐車場に車を置き出発。駐車地点から150mほど道路を下ってから入渓
所要時間●登り(富良野岳まで):5時間20分  ●下り(夏道):2時間10分   休憩時間含む
参考タイム【7:30】駐車場(45')1号砂防ダム(1゜40')華雲の滝(2゜55')【12:50】富良野岳【13:10】(2゜10')十勝岳温泉駐車場【15:20】   ( )は休憩時間含む
山行メモ4年前に一度遡行している沢だ。札幌早朝発で旭川組と上富良野からも参加して総勢10人が7:30に集合。知らない人もいることから自己紹介の挨拶をして出発。入渓してから三峰山沢を渡り左岸の踏跡を歩き幾つもの砂防ダムを越えて進む。前回は最後の1号砂防ダムを右から巻いたが、今回は左から巻いて上がる。今回の方が楽だった。広い河原に出ると右股の先に目指す九重の滝が望める。ワクワクする瞬間だ。C1170で右を選択して進むと九重の滝の下部に出る。茶褐色の岩盤を流れる連滝は70mほどあるだろうか。手掛りがあり登れそうだが、安全を期してザイルを出してもらい皆さん登る。滝の左側を登って行くと途中で足元が崩れそうで落石が発生しそうな嫌な箇所がある。シュリンゲを何本か繋いで突破する。この右股は小滝と釜が次から次と現れ、岩盤が途切れることはない。2mほどの滝も手掛りが少なく微妙な登りを強いられる。ドボンしても怪我をする所が無いので、精神的に楽だ。次から次へと思い思いに自分の選択ルートを登って進む。C1435で約30mはある華雲の滝が現れる。滝の前で記念写真を撮り、右から高巻く。写真を撮って私を含めて3人が遅れて高巻くが登り過ぎて一度戻り、踏跡を見つけて皆んなに追いつく。ここで少し体力を消耗する。華雲の滝上からも手掛りの無いツルンとした小滝が連続して現れ楽しい。C1510で左をとり、C1550で右を選ぶ。背丈の低い疎らな灌木帯を登る。徐々に急勾配になり、最後はハイマツの藪を少し漕ぐと夏道に出る。夏道を約15分登ると山頂に着く。山頂は残念ながらガスの中。皆んなで記念写真を撮って昼食タイムにする。約20分休んで下山することに。夏道の下山は紅葉が綺麗だった。約2時間超で十勝岳温泉登山口に到着。

バーデンかみふらの近くの駐車場
入渓地点の風景

最後の1号砂防ダムは左から巻くと楽
砂防ダムの上。九重の滝が望める

岩盤の上を水が勢いよく流れる九重の滝。連滝で70mぐらいはありそう。

九重の滝はザイルで確保
九重の滝上部

中滝と釜。こんな滝が多い
秋の沢登りは格別

岩盤は滑らず登り易い
茶褐色の岩盤が続く

華雲の滝。右から高巻く

手掛りの無いペロンとした滝
源頭に近くなってきた

薄い灌木。最後は藪漕ぎ少し
山頂は残念ながらガスの中

夏道はよく整備されている
夏道の紅葉が綺麗


1回目の三峰山沢右股から富良野岳(2011.8.20)へ


dummy

十勝の山リストへ    inserted by FC2 system