賀張山 486m


この時季、丈の低いミヤコザサと落ち葉で歩き易い

コース名奥山牧場コース(登山道はなし)              GPSトラック図
登山日2013.11.9(土)
メンバー山のメーリングリスト仲間:5人
天候快晴
道路情報日高町の厚賀から道道(標識あり)に左折。厚別川(あっぺつがわ)沿いを走る。茶良瀬橋の手前に奥山牧場がある(看板あり)。我々は茶良瀬橋に向かって右の空きスペースに駐車した。奥山牧場の私有地を通るので、牧場のオーナーの許可を得て入山する。サラブレッドは大きな音に驚くので静かに通過する。
所要時間登り:1時間20分。下り:40分  休憩時間含む
参考タイム【7:55】奥山牧場(1°20')【9:15】山頂【9:25】(40')奥山牧場【10:05】( )は休憩時間含む
山行メモリーダーのYさんから前日4時ごろ誘いのメールがあり即座にOKをする。天気予報が変わり明日は好天になり、函館の坂口さんの一人歩きの北海道山紀行を参考にヌモトル山と2山登ると言う。札幌から高速で日高道の日高門別ICへ。セブンイレブンでKさんと合流し登山口となる奥山牧場へ。A女史は登山靴であと4人はスパイク付長靴で出発。奥山牧場へ入って行き厩舎に居た男性に私有地通過の許可を貰う。少し歩いていると先ほどの男性が追いかけてきて「社長に断って欲しい」と言われ、A女史が白い社長宅に行き承諾を貰ってきた。登山口の方向も教えてくれたようだ。牧場では馬が人間に興味があるのか近づいてくる。柵と柵の間を通過して目的の尾根を目指し藪に入る。藪と言っても丈の低いミヤコザサとその上に落ち葉。冬山と同じでどこでも歩ける状態だ。急斜面を登り尾根に上がる。あとは一度細尾根になったりするが急な斜面をグングン登って行く。鹿道もあり急なので息は切れるが登り易い。C400ぐらいで右にターンして登って行く。一度ニセピークを越え残り50mを登ると一等三角点のある山頂に飛び出る。山頂には赤い鉄板があり文字は消えているが、鳥獣保護区の看板らしい。北東側には樹間から薄っすら雪化粧した貫気別山とリビラ山が望める。10分ほど休憩して下山。下山は登りの尾根の左側、急峻な斜面をそのまま下る。スパイク付長靴は滑らず快適。あっと言う間に下り牧場に出た。もとの藪突入地点へ戻り、小春日和の長閑な牧場を通過して駐車地点に戻る。この後、ヌモトル山へ転進。

サラブレッドが我々を迎えてくれた
許可を得て私有地の牧場に入る

尾根取り付き地点を目指す
急な斜面を登る

細尾根もある
ミヤコザサと落ち葉。どこでも歩ける

貫気別山とリビラ山か?
山頂が見えてきた

一等三角点の山頂
尾根でない急斜面を下りる

落ち葉に苔の緑が映える
牧場が見えてきた

登りで歩いた牧場を下る
いつまでも青い空。小春日和で温かった


dummy

日高の山リストへ    inserted by FC2 system