札幌岳蝦蟇沢(がまさわ)コース~豊滝夏道下山


しっとりとした癒し系の沢。何故か蚊が少なく快適に遡る

コース名蝦蟇沢~豊滝夏道コース      GPSトラック図
登山日2013.7.6(土)
天候曇り後晴れ
メンバー山のメーリングリスト仲間4名
道路情報札幌から定山渓トンネルを出て300mで左に林道がある。入るとすぐにゲート。そこから入渓地点まで徒歩約1時間超
所要時間●登り:3時間40分(入渓~縦走路)●下り(縦走路~豊滝登山口):1時間45分  休憩時間含む
参考タイム【6:50】林道ゲート(1゜25')【8:15】入渓(2゜50')930分岐(40')縦走路(40')豊滝分岐(40')豊滝登山口【13:40】    ( )は休憩時間含まず
山行メモ今回で3回目の蝦蟇沢。皆さん健脚者揃い。苔むした癒し系の沢の印象はあるが、何回来てもよく覚えていない。今回は特に滑滝がこんなに多かったかと再認識。林道ゲートには鍵がかかっていて、ここから休憩を含めて約1時間以上も歩く。林道途中にアメダスがあり、ここまではいい道。それからは雨裂が入り荒れており一箇所林道が完全に崩壊していた。ヘアピンカーブの所から入渓。暫く進むと短い滑滝が現れ出した。いつもより水量が多く、倒木が遮っている所も多くなっているように思う。左が沢形となっている730ぐらいから小滝、中滝が忙しいほど現れる。へつり、滝の登りも難しい所はなく、次から次へと越えて行く。ゴルジュの滝はいつものとおり右から高巻く。高巻きはこの一箇所のみ。途中で先行していた3人パーティに追いつく。蝦蟇沢から縦走路経由で空沼岳に登り、万計山荘で一泊するとの事だった。先週、笹刈りした縦走路を使ってくれるのは嬉しい限りだ。この沢の初回で、右を高巻いた滝も何なく直登。後半で100m以上もある滑が現れる。長い滑の歩きは至福の時だ。930分岐で本流から離れ、左の枝沢に入り笹が被りトンネルのような沢を詰めると笹刈りした縦走路に出る。山の道を考える会で昨年10月に札幌岳側半分、今年6月に空沼岳側半分を笹刈りし貫通させた。ここで一休みして豊滝への下山分岐を目指す。うっかりして全員がその分岐を見逃す。変だと思って確認し戻る。沢は間違わないが、夏道でポカをしてみんな苦笑い。豊滝への急斜面を何回か転びながら無事登山口に到着。

林道歩き約1時間超
豊平峡大橋を渡る

入渓してから暫くすると滑が現れる
730から滝が忙しく現れる

ゴルジュ風の所を登る
岩魚が時々水の中を走る

ゴルジュの滝は右から高巻く
へつりも難しい所は無い

しっとりとした趣きの小滝が続く
途中で3人パーティにあう

今回で私は3回目。札幌に近く何度来ても素晴らしい沢だと思う

この滝は右から直登

小滝、中滝の連続で気持ちもおだってくる

930の分岐。本流から離れ左を行く
笹刈りした縦走路に着く


2009.7.4の蝦蟇沢コースに戻る          inserted by FC2 system