犬の巣川(イヌヌシナイ川) 360m地点往復


微妙な釜のへつりの連続は楽しい。秋はボリボリ、ムキタケがいっぱい

(2回目の遡行)
コース名二股山コース           GPSトラック図
登山日2012.11.4(日)
天候曇り時々雨
メンバー山のメーリングリスト仲間12名
所要時間登り:2時間45分  下り:3時間45分 ( )は休憩時間含む
参考タイム【7:00】80m入渓地点(2゜45')【9:45】360m昼食【10:05】(3゜45')80m入渓地点【13:50】
 ( )は休憩時間含む
道路情報国道5号線を長万部から黒松内に向かって走る。美畑と双葉と言う地名の間に二股山に向かう川がある(双葉の標識が左にある)。これが犬の巣川。この川に沿って林道があり約4kmで終点となり駐車。道はいい。林道終点には赤い水門があり、そこから入渓
山行メモ沢納会二日目。落部にあるBさんの別荘を4時起床5時出発。昨夜は早く寝たので体調もバッチリ。長万部から国道5号線を走っていると二重になった綺麗な虹が見え歓声が上がる。雨模様で天候が心配されたけど時々陽も差したことから決行。この沢は大きな滝は無いが、微妙なヘツリの釜が多く、またクライミングが楽しい滝も多い。寒いので絶対にドボンはするまいと慎重に慎重を重ねてヘツリ、そして登る。今回は防寒対策をバッチリしてきた。ゴム手袋で直接水に触れないようにし、厚着の上に最初から最後までカッパを着た。ドボンをした時用の着替えや予備のカッパも持ってきた。ザイルやシュリンゲのお世話になる滝も多い。二つの滝が合流して落ちる滝はザイルでビレイして貰って登る。源頭から二股岳までは酷い藪漕ぎだそうだ。標高360mが今回の最終地点とする。何人かドボンした人もいて皆さん寒そう。軽い食事と寒さ対策をして下山。下りでは懸垂下降が3回あった。パーティの人数が多いので下りの方が約1時間余分にかかった。先ほどの二つの滝が合流する滝の懸垂は楽しく、全員で笑った。懸垂をしてそのまま降りると深い釜。懸垂後、さらに盛り上がった斜面を越えなければならない。ここのテクニックが皆さんそれぞれ違うので、笑いに笑った。小雨が降り続く中、黙々とヘツリ、黙々とクライムダウン。皆さん怪我も無く無事、赤い水門のある入渓地点に着いた。
温泉黒松内温泉(500円)

二重の虹を見ながら走行赤い水門前が林道終点

林道終点から入渓晩秋のしっとりした渓相は素晴らしい

次から次へと滝が現れる小雨も気にならないよぉ

慎重にヘツルリーダーganさんのヘツリ

微妙なヘツリの連続。結構楽しいキノコ探しも重要です

小滝も慎重に登るザイルで確保して貰い登る

標高360mが最終地点。皆さん寒そう下りで3回懸垂をする

二つの滝が合流する所の懸垂下降は楽しかった

リーダーganさん。そのままだと釜に落ちる懸垂後次の滝を跨がなければならない


1回目の犬の巣川(2011.6.12)遡行へ戻る



inserted by FC2 system