漁入沢720~漁岳 1318m~漁川下降


群青色の深い釜と瀞を抱いた滝が連続!へつりにゾクゾクしながら遡行!

★漁川から漁岳(2011.7.2)

コース名漁入沢720~漁岳 1318m~漁川下降    GPSトラック図
登山日2009.7.12(日)
天候曇り
メンバー山のメーリングリスト仲間5名と
道路情報定山渓トンネルを過ぎて300mで左に林道。ここから約20km林道を走る。720の橋の所から入渓
所要時間●登り(漁入沢):5時間25分  ●下り(漁川下降):2時間 休憩時間含む
参考タイム【4:55】720入渓(1゜15')820分岐(2゜05')1005二股(2゜05')【10:20】漁岳【11:30】(1゜05')右股分岐(1゜05')右岸林道P【13:30】  ( )は休憩時間含む
山行メモ今まで行った沢の3本指に入りそうな素晴らしい沢だった。沢縦走も贅沢だ。 760分岐から第一の核心部となる。4連荘の深い釜を持った滝が現れる。記憶が定かでないが、殆どへつった様に思う。 微妙なへつりを突破する醍醐味がいい。今回、Gさんからリーダーを告げられたIさんは、昨年沢を始めたばかりだが、 相当の本数を遡行している。Iさんはへつりが好きで、果敢に攻める。青く深く澄んだ釜を持った滝は何と表現したら よいか分からない。見ていると吸い込まれそうだ。820分岐からは第二の核心部。小滝小釜の連続で、スライダーの ような流れの滝も出てきて遡行が最高潮に達する。やがて源頭となり、藪漕ぎに突入。最初は背の低い笹だが、徐々に 太く背の高い笹となる。快調に藪漕ぎをしていたが、途中からエネルギーが切れ、みんなから遅れだす。漁岳から北の 稜線に出て、一度下ると漁川からの踏み跡に出で、少し急坂を登ると山頂に着く。1時間20分ほど藪漕ぎで結構疲れた。 山頂からは最初に恵庭岳が見えていたが、ガスがかかってきて眺望はいまいちとなった。 だが、体と心は充実感で満たされていた。山頂では山菜や卵入りの豪華がラーメンを2鍋つくったが、あっと言う間に完食、 元気を取り戻した。下降も人気のある漁川だ。結構落差のある滝が連続し、緊張しながらも慎重に下りる。 約2時間で車のデポ地点である漁川右岸林道に着く。長い長い沢遡行が無事終わり、お互いに握手して健闘を讃えあった。

前日は林道横でテント泊。この橋から入渓
深い釜の滝が4連荘で迎えてくれる

群青色の深い釜は吸い込まれそうだ

澄んだ清い流れは静か
楽そうに見えるがやっとへつった

へつりでドボンする人もいなかった
突然、長い管が沢に!

スライダーの様に流れる滝は躍動感がある

水が激しく流れ落ちる
滝をへつっている私

ガスの中の漁岳山頂。でも大満足
漁川を慎重に下降する

dummy

道央の山リストへ    inserted by FC2 system