神居尻山 946m


いろいろなコースがある。札幌からは身近な山で駐車場は心配ない!
(春の花咲く季節6月上旬がお薦めです)

コース名Bコース→Aコース
登山日2009.10.25(日)
天候曇り後晴れ
道路情報札幌から当別町青山に向かって走り、青山ダムを過ぎると道民の森への標識がある。左に入り進む と突き当たりが道民の森。管理塔の前は広い駐車場。Bコース登山口は管理塔まで行かず、その手前を右折。少し行くと左手に駐車場 があり。そこに止める。そのまま林道を歩き、Aコース登山口を過ぎると、次にBコース登山口がある。そこで入林届に記帳。
所要時間●登り:2時間(Bコース) ●下り 2時間30分(Aコース) 休憩時間含む
参考タイム【8:50】駐車場(20')Bコース登山口(50')707尾根上(25')Cコース分岐(25')山頂(2゜30')Aコース登山口【13:30】   ( )は休憩時間含む
トイレ情報管理事務所にもキャンプ場にもトイレあり
山行メモ予報では全道的に晴れマーク。7:30自宅出発。当別町の青山地区を走ると何と当別ダムの工事が 盛んに行われていた。民主党が政権をとり、無駄な公共事業が矢面に立たされているダム事業。当別ダムは北海道の直轄事業で23年に完成 の予定だ。付替道路工事も着々進みダム本体工事も開始されたようだ。今走っている道路が湖底に沈むと考えると規模の大きさに 圧倒された。神威尻山は過去7回登っているので気楽だ。Bコースに近い駐車場に車を止めて林道を歩く。治水の森を過ぎるとヘアピンカーブ となり、すぐBコース登山口だ。我々は治水の森に入り小橋を渡って登る。そこには駐車場とトイレがある。Bコースの登山口 まで林道を少し戻ることとなった。Bコースは707尾根までは木の階段が続き急だ。心臓がバクバクするほどの辛い登り。707m尾根からは アップダウンがあるが眺望もよく山頂を見ながらの登りは快適だ。予報に反して曇り空で風も強い。寒いのでカッパを着て進む。 Cコースとの分岐を過ぎると風は益々強まる。下山者3人に会っただけで登山者数は少ない。山頂に着いても風が強いので、少し 休んでAコースを下山する。避難小屋も過ぎ、縦走路分岐から下ると風は弱まり、時々陽も差してきた。途中で木のベンチに座り、 コーヒーを沸かし、サンドイッチを食べ20分ほど休む。Aコースは一番長く、それなりに汗を掻く。登山道は落ち葉の絨毯で カサコソと落ち葉を踏みしめての歩きはこの季節ならではだ。だんだん青空となり陽が差し快適な気分で下る。後半で分岐が2箇所 あった。最初の分岐を右に行けばよかったのを左に行った。次の分岐は右へ行くと彫刻の森と表示された入口に出た。Aコースはそこからすぐ であった。
温泉JR金沢駅の裏にある小さな温泉「ふくろうふ湯」。石鹸、シャンプーなし。600円

治水の森の橋を渡ると少しロス
急な階段道を登る

稜線歩きは快適だ
羅針図がある山頂

Aコースの避難小屋は鍵がかかっていた
Aコースは6kmある


落ち葉の絨毯を歩く
工事中の当別ダム(付け替え道路)


★元に戻る
inserted by FC2 system