神居尻山 946m


札幌から近くて2時間半程度で登れ、花も多い

コース名Bコース→Cコース
登山日2013.7.19(金)
天候晴れ
道路情報札幌から当別町青山に向かって走る。当別ダムが完成して道路が新しくなった。青山ダムを過ぎると道民の森(神居尻地区)への標識がある。右に入り進むと突き当たりが道民の森で広い駐車場と管理事務所がある。その手前で右折。Aコースの登山口、そしてBコースの登山口を過ぎるとまもなく右手に広い駐車場がある。そこにはトイレもある。
所要時間●登り:2時間10分(Bコース) ●下り 1時間20分(Cコース) 休憩時間含む
参考タイム【7:20】駐車場(5')Bコース登山口(55')707尾根上(1゜10')【9:30】山頂【10:15】(1゜10')Cコース登山口(10')駐車場【11:35】   ( )は休憩時間含む
トイレ情報管理事務所にもBコース登山口から少し行った駐車場にもある
山行メモこの夏に日高の山に行くので、トレーニングを兼ねて神居尻山に行く。前回(2009年)行った時は、当別ダムは完成前で、付け替え道路も工事中だった。今回はダムも完成、貯水もされ道路も立派に変わっていた。広い駐車場は我々の車だけ。駐車場からBコース登山口までは数分だ。入山届けに記入して出発。707尾根上までは急勾配を登って行くが、木製階段に太いロープがあり、よく整備されている。途中で黄金山が望める開けた場所がある。707尾根上に出て小休止。ここからはCコース分岐点まで快適な稜線歩きとなる。花は終わっているかと思ったが、それなりに楽しませてくれた。特にCコース分岐周辺は私の好きなタカネナデシコの群落地だった。Cコース分岐からは右側が切れ落ちた稜線歩きで、序々に急となり木製階段が多くなる。山頂手前の登山道で3箇所、羆の掘り返し、そして糞が1箇所あった。ここまで羆は来ているんだと再認識。誰もいない山頂に着く。青空が広がってきた。風も無く暖かく穏やか。オイナリさん、サンドイッチ、コーヒーで寛ぐ。下山はCコースを使った。Cコースはうんざりするほど木の階段だらけ。階段の幅も狭く歩き辛い。Cコース登山口から10分ほど歩くと駐車場に着く
タカネナデシコ、イワオウギ、ミヤマウツボグサ、ハイオトギリ、ヨツバシオガマ、ミヤマホツツジ、エゾシオガマ、ダチギボウシ、ヒメゴヨウイチゴ、クルマユリ
温泉中小屋温泉 500円

当別ダムが完成し、今までの景色と違う
急な階段道を登る

登山道に落ちていた案内図
707尾根上からCコース分岐に向かう

好きなタカネナデシコがいっぱい
Cコース分岐から本峰を目指す

羆の掘り返しが3箇所あった
山頂到着

Cコースは階段が特に多い
広い駐車場に着く


神居尻山(Bコース→Aコース)2009.10.25の山行記へ

そのほかの神居尻山の記録へ


dummy

樺戸の山リストへ    inserted by FC2 system