定山渓・小滝沢


地形図に無い林道に惑わされ、タイムロスするも読図の面白さを味わった

コース名豊平峡ダムコース           GPSトラック図
登山日2015.8.22(土)
天候晴れ
メンバー山のML仲間3名
所要時間総時間:6時間45分
参考タイム【6:20】駐車場→豊平峡ダム→小滝沢入渓→九段の滝→520mで戻る→480右股→読図誤り1゜30'ロス→札幌岳夏道→夏道登山口→駐車場【13:05】
道路情報国道から豊平峡ダムに入り「定山渓自然の村」に向かって直進する。自然の村手前に駐車場がある。ここに駐める
山行メモ出発してから自然の村を右手に見て歩く。徐々に草が被った歩道になる。地形図にもあるように二股になり左に「ダム園地」の標識があるが、ここは右を進む。少し歩くと小滝沢が現れる。小滝沢へは懸垂で降りて入渓。そこは豊平川への出合いで15mほどの垂滝になっている。出合いからはあまり見えないので、ganさんは懸垂でその滝を偵察しに行ったが、豊平川はゴルジュになっていて深さもよく分からないと戻ってきた。小滝沢はちゃんとした滝もあるが、よく見ると砂防ダムだったりする。鉄柵で造った砂防ダムもあり、飛沫を浴びながら乗り越える。両脇に手掛りの無いペロンとした2mほどの滝が現れた。釜に落ちても怪我をすることはないが、Yさんが右岸からチャレンジ。摩擦を使ってジリジリと時間をかけて突破。ganさんと私は拍手喝采。Yさんからシュリンゲを貰い登る。やがて豊平峡ダム専用道路の橋下に着く。そこには何段にもなった九段の滝が現れる。写真を撮って右から橋上に登る。橋からは左岸を慎重に下り沢に降りる。小さな滝が何個か越えると490二股。ここからは地形図に水線のある左に行ってみる。水量は少なく全く滝一つも現れないので、520mで戻る。490二股で右に行く。少し歩くと100mほどの滑が出てきて気持よく進む。そろそろ林道に接近すると思う所でganさんが右岸の藪を登り偵察に行くが、ちゃんとした登山道は無いと言う。そのまま沢を進み続ける。570で右に沢を見て580で三股になる。ここで沢の選択をミス。左股を進んだつもりが、中股を選択していた。そのまま進みYさんが林道の偵察に上がる。立派な林道があると言う。これは間違いないと確信して林道に上り、初めての休憩をとる。オニギリや行動食を食べてから札幌岳への夏道に向かって歩き出す。暫く歩いていると左に沢形が現れ水が林道下の土管に流れている。何か変だとganさんが言い出す。それでも暫く進む。今度は進むはずの無い南西に向かって歩いている。これは地形図に無い林道を歩いていると、ganさんは道迷いを半分楽しんでいて余裕しゃくしゃく。結局、初めて私のGPSを見て現在地を確認。完全に違う林道を歩いていることが分り元に戻ることにした。沢から上がった地点も過ぎて進むと土場のような所が現れ、林道は右にターンしている。方向は合っているようだ。暫く進みヘヤピンカーブが出てきて確信を持つ。あとは林道と夏道登山道を経由して舗装道路を歩き、駐車地点に無事到着。1時間半ばかりロスしたが、地図読みが記憶に残る思い出となった。

自然の村手前の駐車場から出発懸垂で小滝沢に入渓

小滝の連続だが一番上は砂防ダム鉄管や鉄製砂防ダムの残骸も残る

両側がツルンとした小滝Yさんが右岸からジリジリと挑戦、突破

苔むした石が鮮やか

豊平峡ダム専用道路・橋下にある九段の滝の下部

豊平峡ダム専用道路の橋九段の滝からも小滝が現れる

490右股からの100mほどの滑地図に無い林道に上り休憩


dummy

道央の山リストへ    inserted by FC2 system