久山岳 1412m


山頂から望む芽室岳は最もかっこいいと思う。登りは結構きつい!

コース名北尾根コース(標高差:1000m)
登山日2001.9.23(日)
天候快晴、無風
所要時間●登り:3時間00分  ●下り:1時間55分
参考タイム登山口【8:00】(40')入林届(35')広場(30')母の胎内(40')釈迦涅槃座石(25')前峰(10')山頂(10')前峰(45')広場(20')入林届(40')登山口【15:00】 ( )は休憩時間含まず
道路情報国道38号線(帯広に向って)、御影を過ぎた後に、右側に剣山への大きな案内板がある。そこを右折し、真っ直ぐ進み突き当たった所が剣山神社の広い駐車場。
トイレ情報剣山神社の右隣りに山小屋があり、そこにトイレがある。トイレは清掃が行き届いている。この山小屋は結構利用する人が多い。
山行メモ 札幌を午前4時に出発(登山口まで210km)。天気は最高。日勝峠を越え十勝側に行くと、雪が載って白く輝く大雪、十勝連峰が浮かんで見える。剣山神社に車を置き登山開始。砂利道、草刈道、長い林道と歩く。途中で笹を刈っている二人に出会う。このような人のお蔭で私達は登山を楽しむことができるのだ。感謝。登山道は見通しがきかない単調な登りが続くが、岩や樹にまつわる札が次から次へと現われ、疲れを癒してくれる。母の胎内、父の胎内?そして根性の松。このネーミングには思わず笑った。稜線に出た所で「頂上まで10分」の標示。木々の間から芽室岳など北日高の山並が見え、心がはやる。山頂は眼前に三角錐の芽室岳、そして薄っすらと雪の載ったピパイロに1967峰と360度の大パノラマ。先着の中標津の4人パーティとビールを飲みながら楽しく会話をする。今日は日高の山の美しさを堪能した最高の日だった。
山座同定伏美岳、ピパイロ岳、幌尻岳、1967峰、妙敷山、エサオマントッタベツ岳、札内岳、十勝幌尻岳、芽室岳、十勝連峰、大雪山、東大雪、阿寒山
温泉情報札幌へ帰る途中、日高町の沙流川温泉(500円)で汗を流す

久山岳から見た芽室岳
久山岳から見た伏美岳、ピパイロ岳、1967峰

dummy

日高の山リストへ    inserted by FC2 system