札幌低山8座巡り

三菱山482m~西高山340m~奥三角山354m~大倉山307m~三角山311m
~荒井山185m~小なまこ山85m~大なまこ山92m


晩秋に落ち葉を踏みしめ札幌の低山を21名で歩く

コース名三菱山~西高山~奥三角山~大倉山~三角山~荒井山~小なまこ山~大なまこ山。
総距離約17km。累積標高1220m。     GPSトラック図
登山日2011.11.30(日)
メンバーHYMLの仲間21名
天候曇り時々晴れ
所要時間8時間(休憩含む)
参考タイム盤渓市民の森登山口【7:00】(45')三菱山(1゜00')西高山(1゜35')奥三角山(40')大倉山(20')三角山(1゜10')荒井山(40')小なまこ山(15')大なまこ山(20')三角山緑花会登山口【15:00】 ( )は休憩時間含まず
コース情報三角山緑花会登山口に集合。車5台で盤渓市民の森登山口へ移動。ここからスタート。低山8座を巡り、最後に三角山緑花会登山口へ
山行メモHYMLのK女史が企画、大勢が参加した。初めて札幌の低山を登る人も多く、落ち葉を踏みしめての低山歩きは大変好評だった。私は西高山、小なまこ山、大なまこ山が初登頂。三菱山の登山口である盤渓市民の森登山口からスタート。三菱山へは標識①→②→③→⑲→⑦の順で登り山頂へ。山頂から盤渓スキー場の斜面をそのまま下山。途中で山ぶどうを見つけ食べる。甘い!盤渓小学校の裏に西高山への登山道がある。西高山山頂に白いポールが立って表示がしてある。森学舎への標識を下りる。一度盤渓-宮の森線の道路に出て左折。30mほどで小別沢へ行く林道入口がある。入るとすぐに盤渓墓地が右手に見え、そのまま直進。平坦な広い林道を進むと誰か「またたび」を見つけた。少し苦味があったがこれまた初めての味で新鮮。小別沢手前で右折して林道を登っていくと奥三角山山頂へ。山頂標識は無かった。一度下りて、大倉山への稜線を歩く。大倉山山頂は分かりずらいが小さな標識がある。山頂から大倉山展望台へ降りる。大倉山展望台で昼食、大休止。アイスクリームを食べる人、ビールを飲む人もいて皆さん楽しんだ。大倉山から再び稜線を歩きで三角山へ。三角山直下の四阿ではマスターTさんが趣味で自家焙煎したコーヒーを沸かし、21人皆さんにご馳走してくれた。みなさん美味しいコーヒーを飲みリラックスし満足そう。三角山から次は荒井山へ。このルートはなかなか知っている人でないと迷いそうだ。大倉山の駐車場付近に出てから荒井山の登山口へ。立派な登山道が続く。山頂はあっと言う間に着く。山頂から大倉山小学校側に下りる。ジャンプ台が大小2台あり飛んで練習していた。50m台の大きい台で女の子が飛んでいる。思わずみんなで応援。大倉山小学校から北に向かって道路を歩き、住宅地に囲まれた宮の森緑地へ。ここが小なまこ山だ。立派な広い道を登り一番高いと思われる所を通過して、そのまま直進下山。次に宮の森4条緑地へ。ここが大なまこ山だ。ここも同様に登り、そのまま直進して下山する。これで今日は低山8座一筆書きルートで全て登頂。一度、宮の森北1条通りに出て、国道を歩き三角山緑花会登山口に着く。企画してくれたKさんに感謝。そして同行してくれた皆様お疲れ様でした。

三角山登山口(緑花会)に集合盤渓市民の森登山口へ移動しスタート

三菱山から藻岩山を見る三菱山山頂は満員

盤渓スキー場斜面を下りる西高山登山口の看板

盤渓小学校の裏から登山開始山斜面の土砂崩れ防止網

西高山の山頂西高山から下山

小別沢に向かう林道入口
(舗装道路は盤渓-宮の森線)
盤渓から小別沢への平坦な林道

林道脇のマタタビ小別沢の手前で右折し奥三角山を目指す

続きの写真へ


dummy

札幌の低山情報へ    inserted by FC2 system