瀞台(しずかだい) 272m


樹木名のラベルがばっちり。山頂に天測点と三角点あり。

コース名馬追温泉側コース(仮称) 2.4km
登山日2004.10.30(土)
天候晴れ
所要時間●登り:40分 ●下り:30分
参考タイム登山口【12:00】(40')山頂(30')登山口【13:35】
( )は休憩時間含む
道路情報道々3号線(長沼-夕張)で長沼を過ぎ由仁に向かう途中左手に「馬追温泉」がある。そこの100mほど手前右手に「馬追自然の森遊歩道」の案内板があり、そこが登山口。登山口には、数台の駐車スペースがある。
山行メモ登山口には林道と遊歩道があるが、遊歩道を選ぶ。広く整備された遊歩道を落ち葉を踏み、サクサクと歩く。カツラの木の下はメイプルシロップの甘い香りがして、これが何とも得した気分。遊歩道は案内板も整備されていて安心だ。樹木に名前のラベルが掲示してあるので、樹木の名前当てをしながら登る。樹木は苦手だが、同じ木のラベルが何回も出てくるので、覚えるには最高の環境。小さなアップダウンを繰り返すと山頂へ。山頂は三角点のほか天測点(今は使われていないが、日本天測点の名誉ある第1号)とその案内板、登頂記録の鉄製ボックス(こんな立派なのは初めて)それにベンチと賑やかだ。眺望はあまりよくないがフェンス(長沼駐屯地の防護フェンス)を通して長沼の田園風景が広がる。小春日和の中、ベンチに座って天測点の由来が書かれてある案内板を見ながら赤飯、納豆、リンゴなどを美味しく食べる
樹木カツラ、ハルニレ、ハリギリ、ミジナラ、ストローブマツ、ベニイタヤ、ウダイカンバ、ミズキ、イタヤカエデ、アオダモ、シナノキ、ホオノキ、コシアブラ、キハダ、タラノキ、ツリバナ、キハダ、ヤマグワ、アカシデ、ノリウツギ、キタコブシ、ヤマモミジ
温泉ユンニの湯。600円。駐車台数は凄かったが、浴場はそれほど混んでいない。黒に近い茶色の温泉で、肌がつるつる。

標識があるので安心明るい林の尾根を登る

山頂は三角点、天測点、記帳箱、ベンチと賑やか長沼方面の田園風景

馬追丘陵縦走山行(2014.12.14)へ

(3回目)2016.8.6(土)晴れ。6人。登り:40分。下り:25分。


dummy

札幌の低山情報へ    inserted by FC2 system