松山湿原 797m


駐車場から標高差200m登ると湿原。木道が整備されており池塘を3つ巡る

コース名美深・仁宇布コース
登山日2014.7.16(水)
天候晴れ
道路情報美深市街から東へ道道49号を進む。トロッコ王国のある仁宇布で右折(道道49号)して約3kmで松山湿原の看板がある。ここを右折して舗装道路を4kmほど進むと天竜沼のある広い駐車場がある。この駐車場から50m歩くと登山道入口
トイレ情報天竜沼駐車場にトイレがある
所要時間●駐車場から湿原入口:25分 ●湿原の木道一周:50分 ●湿原入口から駐車場:20分
   ( )は休憩時間含む
参考タイム【7:55】駐車場(25')湿原入口(50')湿原入口(20')駐車場【9:30】 ( )は休憩時間含む
山行メモ駐車場は我々の車1台。天竜沼はすぐ近くで広い木道も整備されている。登山道入口は駐車場から50mほど歩く。登山道には所々にチップが敷き詰めてあり歩き易い。すぐに「松山の鐘」がある。途中に展望台があるが全体が霞んで眺望はよくなかった。標高差200mを25分で登る。湿原入口に「長寿の鐘」があり二人とも鳴らす。反時計周りに木道を歩く。よく整備されていて快適だ。涼しい風も顔を撫で矮性化したアカエゾマツと花を見ながらルンルン気分で歩く。ワタスゲは殆ど終わっており、タチギボウシはこれからで蕾のものが多い。可憐なトキソウが一番多く咲いていた。最初の池塘が「えぞ松沼」続いて「つつじ沼」。つつじ沼から一周路から離れた木道があり進むと「はい松沼」。木道の途中で木道の上に座って小休止する。木道は温かくて気持ちがよい。大自然に包まれて寛ぐ。下山すると5台ほどに車が増え、賑やかな駐車場となっていた。駐車場から道道49号までの間に左折する砂利道があり、そこに入り少し進むと「仁宇布の冷水」がある。冷たい美味しい水を汲み機嫌よく次の九度山へ向かう。
トキソウ、タチギボウシ、ワタスゲ、イソツツジ

駐車場にある案内図
駐車場からすぐの天竜沼

登山道入口
松山の鐘

松山湿原入口
長寿の鐘を鳴らす

湿原入口にある案内図
一周1.2kmの木道

えぞ松沼

可憐なトキソウが多かった
タチギボウシはこれから

つつじ沼
「はい松沼」は奥に水が溜まっていた

下山してから仁宇布の冷水に寄る
冷たく美味しい水だった


dummy

北大雪の山リストへ    inserted by FC2 system