ピンネシリ 958m


延々と南日高の山々を見ながらの下りは圧巻!とりわけ楽古岳がいい

コース名北尾根コース
登山日2001.11.23(金)
天候快晴
所要時間●登り:1時間45分  ●下り:1時間25分
参考タイム【9:35】登山口(1°00')835m標高点(25')957mピーク直下(20')山頂(45')835m標高点(40')登山口【13:55】( )は休憩時間含まず
道路情報様似町から道々233号線(様似-新富線)に入る。田代を経由し、エサマンベツ橋を渡ってすぐ右折、砂利道の林道に入る。登山口までの林道はよく整備されている。駐車場は6台程度おける。
トイレ情報登山口にはトイレはない
山行メモ登山道は笹刈りがされ、よく整備されている。南日高の大展望と太平洋を見ながらの贅沢な尾根歩きだ。途中から登山道は岩混じりになり、アカエゾマツも見られ、やがてハイマツ帯になる。ハイマツを掻き分けて登る所もあり、低山ながら日高らしさが味わえる。835mの地点に出ると日高山脈の最南端の豊似岳からえりも岬へ落ちる地形がくっきり見える。稜線を挟んで西斜面は様似側から吹き上げてくる風が冷たいが、東斜面は無風で陽があたり暖かく心地よい。二つのピークが見えるが目指すピンネシリは左のピーク。一つ目のピークは957mで、そこをトラバース。山頂はハイマツに囲まれているが360度の大展望。吉田岳からアポイ岳へと続いている登山道も見える。山頂では山座同定、ウインナー入りラーメン作り、記念撮影と1時間もあっと言う間。下山途中の日溜りで飲むビールは格別だった。
山座同定豊似岳、広尾岳、楽古岳、オムシャヌプリ、野塚岳、トヨニ岳、ピリカヌプリ、ソエマツ岳、神威岳、ペテガリ山、1839峰
温泉新冠レコードの湯(500円)

835m標高点から見たピンネシリ(左側ピーク)
南日高の山々。楽古岳が際立って見える

登山道途中の岩稜(下りで写す)
様似町から入るアプローチの案内図

dummy

日高の山リストへ    inserted by FC2 system