ピヤシリ山 987m


山のメーリングリスト仲間での一泊オフミ

コース名鉱山沢川コース(約3.5km)
登山日2003.10.5(日)
天候晴れ時々曇り
道路情報1回目(2002.7.23)の山行記参照
前日
(10月4日)
北海道山メーリングリスト(HYML)の仲間で一泊のピヤシリ交流登山。幹事は名寄在住のお二人さん。参加者は22名。1日目は午後から下川町体育館の人工壁でクライミング。私は見学のつもりで行く。初めて見る人工壁。何やら楽しそうだ。ハーネスにクライミングシューズを履いて3回、体験させてもらった。それから懸垂下降の練習もした。ビレイしてくれたSさん、Nさん、Iさんありがとう。夜は下川町の列車ホテルで大宴会。Dさんが新ソバを打ってくれた。ソバ粉100%、辛味大根おろしを薬味にするとこれまた美味い。宴会の中で、もう一つイベントがあった。メーリング仲間のKさんとYちゃんがめでたく婚約。そのお祝いをすることになった。列車ホテル内でBGMをバックにキャンドルサービス、ケーキカット、花束贈呈など幹事の趣向を凝らした企画にお二人さんも幸せいっぱい。私にとっても忘れることの出来ない日となった。
山行メモ
(10月5日)
朝7時過ぎに列車ホテルを出発。登山口は8時発。心配した天候は晴れ。昨年は雨模様の中でガスがかかった中を登ったので、今回は新鮮だった。御車の滝は「みぐるまのたき」とも呼ぶことも分かった。特にヌカライップの岩付近からは、雲海が広がり、オホーツク海も見え素晴らしい景色。何回かの急坂を登ると、だだっぴろい頂上大地となる。広く笹刈りをした平坦な登山道をしばし歩くと山頂へ。山頂でHYMLの旗を持ってみんなで記念撮影。その後、歩いて5分ほどの所にあるログハウス調の避難小屋に行く。事前に小屋の管理人さんがマキストーブを焚き暖めていてくれた。椅子もあり快適。小屋内外でそれぞれに昼食を楽しんだ。復路はローソク岩も見学して、みなさん無事登山口へ。今回のオフミを企画してくれた名寄のSさん、Oさん、ありがとうございました。
宿下川町の列車ホテル(2両編成。流し台、調理場有り)。無料だが事前に下川町に申し込みが必要

下川町体育館の人工壁
人工壁を登るNさん

ピヤシリ湿原を歩く
湿原から見るヌカライップの岩

広いピヤシリ山頂
ピヤシリ山頂でパチリ


元に戻る inserted by FC2 system