笹山 805m


熊の落し物をよけながらの登山。鹿の足跡も多い

コース名オニシベツコース
登山日2005.7.22(金)
天候曇り
道路情報「判官館森林公園」キャンプ場から数百m新冠町に向かって走り、「新栄」へ向かう道道に左折。20kmぐらい走ると「泉」の集落。舗装が切れる所に町管理のゲートがあり、監視員がいた。道路工事であと一月ほど一般車両通行止め。登山口が近いこともあって特別許可してもらう。ゲートから約1.2kmでオニシベツ林道のゲート(ここからは歩く。日高南部森林管理署では、この時鍵の貸し出しはしていないとの事)
所要時間登り:2時間。下り:1時間35分  休憩時間含まず。
参考タイム【8:15】オニシベツ林道ゲート(30')土場(1°30')山頂(1°10')土場(25')オニシベツ林道ゲート【12:10】( )は休憩時間含まず
山行メモゲートからは林道を歩く。暫く進むと二股となり右に行く。登山口は土場となっている。広く刈りした単調な登山道を黙々と歩く。山名のとおり笹が多い。笹の濃い緑色が鮮やかだ。とにかく鹿の足跡だらけだ。それに熊の落し物が7個。新しいのもある。それだけ人里離れており、人間が入っていないと言うことだろう。熊に遭う事を恐れ、笛を鳴らし、大きな声を発して進む。山頂にはマイクロウェーブの反射板が2枚ある。山頂からはガスがかかって期待した日高山脈の眺望は見えず。二等三角点の山である。
発見!札幌JRタワー展望室(38階)には日高方面の山の表示盤がある。私が展望室に登った時は快晴で、表示盤にある幌尻岳は見ることができた。ただ、表示盤に「笹山」が刻印されているのには驚いた。マイナー?な笹山がなぜここに表示されているのか不思議だった。予想どおり山座同定したが分からず。そんなに有名な山なの?

綺麗に笹刈りをしてある登山道
濃い緑色の笹が美しい

山頂手前に反射板がある
不思議な植物?きのこ?

dummy

日高の山リストへ    inserted by FC2 system