塩谷丸山 629m


★バスとJRを利用して晩秋の小樽近郊低山を縦走!(2015.10.23)

塩谷丸山 629m~遠藤山 735m~於古発山 708m~天狗山 532m


◆登山日:2013.9.19 7年振りの登山。450m台地からは以前より、草の背丈が高く少し煩わしかった

広い駐車場(以前あった民家が無くなった)
450m台地。草の背丈が高くなった感じ
ススキが綺麗だった
ガレ場で広い山頂


コース名JR塩谷駅コース
登山日2004.6.26(土)
天候曇り
所要時間●登り:1時間10分 ●下り:55分
参考タイム登山口【9:30】(45')反射板・450m台地(25')山頂(55')登山口【12:25】  ( )は休憩時間含まず
道路情報JR函館本線の下をくぐりすぐ右折する。ガスタンクの横を通り、道なりに進むと突き当たる。駐車スペースは広い。駐車場から歩いて7分程度で入山届けがある登山口。
トイレ情報登山口や山頂にはトイレは無い。JR塩谷駅のトイレを利用させてもらう
山行メモ父と義母が相次いで病気で亡くなり、山には2カ月以上行っていない。久し振りの土の匂い、草の匂いで何とも心地よい。ウグイス、ツツドリ、カッコウ、土鳩の鳴き声が賑やかだ。山に登れる幸せを噛み締めながら歩く。蚊はいない。蒸し暑いので汗が滴り落ちる。今日は、出来立てほやほやの「山のトイレマナーガイド」のリーフレットを配布しながら登ることにした。みなさんトイレ問題には関心があるようで、好意的に受け取ってくれる。リタイヤした男性に出会い、是非活動に協力したいと申し入れもあった。山頂でも登山者に配布し、協力をお願いする。20部持ってきたが無くなり下山では配布できなかった。登山道脇に堂々と3箇所あった使用済みペーパーも拾い、初めて聴く「つつどり」の二部合唱を聴きながら、機嫌よく下山した。明日は山のトイレデー、私は手稲山担当だ。

入山届けがある登山口
450m台地で山頂が見えてくる
岩場となっている山頂は広い
山頂には祠と錨がある


◆登山日:2006.10.29 落ち葉を踏締めながらの晩秋の山。青い海が印象的だった。

紅葉は木漏れ日で一層鮮やか
標高500m付近の平坦地を歩く
山頂から余市、積丹方面を眺める
塩谷の海岸方面を見る


◆登山日:1998.4.04    登り(1時間10分)下り(40分)登山口からは全て雪あり。硬雪で登り易く、下りも楽で楽しい登山だった。
◆登山日:1997.4.29    晴れ時々曇り。登り(1時間10分)下り(40分)長靴で登った(登山靴でもOK)5合目以降残雪有り。
オオマシコの雄を見る。キクザキイチゲ、エゾエンゴサクが多い。
◆登山日:1994.5.14   晴れ。登り(1時間10分)下り(1時間)咲いていた花は、キクザキイチゲ、エゾノイワハタザオ、ナニワズ、エゾエンゴサクなど。
見た鳥は、アカハラ、ツツドリ、アオジ、カケス、ヤブサメ。
◆登山日:1991.9.15    登り(1時間10分)下り(1時間)

残雪の塩谷丸山(1998.4.4)

dummy

道央の山リストへ    inserted by FC2 system