白樺山 950m


6月上旬がお奨め。花が咲き乱れ、タケノコも採れる

コース名新見峠コース
登山日2016.6.11(土)
天候晴れ
メンバー山のメーリングリスト(HYML)仲間11人
道路情報登山口は目国内登山口の道路を挟んで向かい側。目国内登山口少し手前に立派な駐車場がある。トイレもあって、清掃がゆき届いていた。
所要時間登り:40分。下り:55分(タケノコ採り含む)  休憩時間含む
参考タイム【8:35】駐車場(40')【9:15】山頂【9:25】(50')登山口【10:20】  ( )は休憩時間含む
山行メモ今日の午後と明日の午前にかけ岳友Oさんの別荘でロープワーク講習会がある。午前中は予定が無かったので、講習会参加の皆さんと白樺山に登る。札幌を出発してからどんよりした曇空。羊蹄山も下部しか見えない。新見峠の登山口は山菜採りの人で大賑わい。登山口の駐車場も満杯。何とか道路脇に駐車する。相変わらずガスがかかって晴れない。登山口を出発すると除々に青空が広がってきた。ガスが消え空は快晴。そして雲海と雪が残った目国内岳と素晴らしい眺望。山頂まで快適な登山道が続く。シラネアオイの群落を通過するとチシマフウロ、ミヤマアズマギク、ミヤマオダマキと紫系の花が続く。山頂は岩場で山頂標識もある。シャクナゲ岳に続く登山道も確認できる。Hさんが三脚で全員の集合写真を撮る。下山は皆んながタケノコ採りモード。NさんとHさんがいっぱい採ってくれて、夜の懇親会の立派な一品となった。
ミヤマオダマキ、チシマフウロ、シラネアオイ、ハクサンチドリ、ツバメオモト、ミヤマアズマギク

山頂を望みながらの快適な尾根歩き
ミヤマオダマキとミヤマアズマギク

山頂は岩場
山頂で寛ぐ。雲海が素晴らしかった

全員でパチリ。二日酔いで登ってきた人一人
ミヤマアズマギクと目国内岳

シラネアオイの群落を通過
タケノコは何処にあるべか

目国内岳を眺めながら下山

今晩のおかずが一品増えた
天気に恵まれ最高だった

2001.6.9と2002.6.9の白樺山へ


dummy

道央の山リストへ    inserted by FC2 system