2013空沼岳~札幌岳縦走路笹刈り


空沼岳~札幌岳縦走路を守る!昨年10月半分実施。今回貫通!

コース名万計沢コース
登山日2013.6.29(土) 万計山荘一泊
天候快晴
メンバー山の道を考える会主催で24名
道路情報豊滝の道路情報館に4:30集合。乗り合いで林道を走り万計山荘へ
参考タイム【6:30】万計山荘(1゜50')縦走路分岐(6゜40')笹刈り終了(1゜40')縦走路分岐(1゜30')万計山荘【18:10】 ( )は休憩時間含む
トイレ情報万計山荘にある。登山口にはない。
山行メモ山の道を考える会(代表 小笠原実孝氏)では、2000年から毎年、ボランティアで札幌近郊登山道の笹刈りをしている。今回で14回目。HYML(北海道の山メーリングリスト)で募集し、参加する人は会費を払って手弁当で笹刈りをする。笹刈り後は万計山荘で反省会。一泊して朝食を摂って解散となる。空沼岳~札幌岳縦走路の笹刈りは今回で5回目。昨年10月に札幌岳側の半分を実施した。今回は空沼岳側を行い貫通するのが目的である。朝4:30に豊滝の道路情報館に集合。そこから乗合いで長い林道を走り万計山荘へ。笹刈りスタイルに身支度後、代表から笹刈機の操作方法、岩村事務局長から班構成とスケジュールの説明があった。一班3名の7班構成。班3名のうち1名は先頭で笹刈機操作、あとの2名は刈り残した笹を刈り鋏で切ったり、笹を登山道から除く役である。万計山荘を出発して縦走路分岐に着いたのは8:20。そこから笹刈りを開始する。今回、笹を刈る距離は3km。濃淡はあるが、右傾斜の登山道は足元が安定しないので事故を起こさない様に細心の注意を払う。各班50~100mほど離れて順次刈って進む。笹刈機の唸る音が次から次へと聞こえてきた。笹刈機は面白い様に切れる。私の班の機械は一発でエンジンがかかり調子がいい。班の2名は笹刈機の操作は初体験だったが操作をすぐに覚えた。時々小休止をとりながら進む。笹刈り途中で単独男性2名が縦走路を登ってきた。空沼登山口近くまで路線バスで来て、下山後は札幌岳登山口近くの路線バスで帰ると言う。15:11に昨年笹刈りした地点と繋がり貫通したとの連絡があった。それから重い笹刈機を持って下山。疲れていたので、万計山荘までものすごく長く感じ、到着は18時を廻っていた。賄い隊が冷えた缶ビールを持って迎えてくれた。反省会の開始は19時ごろ。今日の笹刈りの感想を一人一人スピーチして、食べ、飲み、笑い、楽しい反省会が夜遅くまで続いた。

札幌豊滝の道路情報館に集合
万計山荘へ移動

さぁ、気合を入れて頑張るぞ!

準備完了。安全第一!
小笠原代表から笹刈機操作方法の説明

岩村事務局長からスケジュール説明
笹刈機を交代で持って登る

3~4年が経つと笹が被ってしまう
女性も笹刈機を操作。頼もしい

あぁ、疲れた。ちょっと休憩
下山時、縦走路から見る真簾沼

広く綺麗に刈った縦走路を下山


空沼岳登山(笹刈り2010.10.16)へ戻る


inserted by FC2 system