樽前山(東山1023m~西山994m)


樽前山はファミリー登山で人気の山

コース名樽前ヒュッテコースコース
登山日2009.6.28(日)
天候晴れ
所要時間【7:50】7合目登山口(45')東山(40')西山(55')登山口【10:50】
※休憩時間含む
東山まで登り:45分。西山からの下り:55分。総時間は休憩も含め3時間
道路情報国道276号線から樽前山に向かって入るが、5合目(苫小牧の錦岡へ行く分岐)でゲートあり。平日は開放されているが、土日祝は7合目ヒュッテの駐車場が満杯だと5合目で車両通行止となり、約40分ほど歩かなければならない。土日祝は8時前に行った方がよい。今回は何とか7合目まで行けたが、帰りには5合目ゲートの所は車で溢れていた。
トイレ情報登山口にはトイレが完備
山行メモ職場の若いM君に前から一度山に連れて欲しいと言われていた。最初の山が雨に降られたら山嫌いになる。また、登山道が藪の所も対象から外す。スニーカーで行けて、眺望も良く、登山道も快適、適度に汗もかき、天候に恵まれる。札幌近郊の山で、樽前山、徳舜瞥山、オロフレ山、塩谷丸山が候補に上がった。4週連続で週末が雨となり、なかなか機会が訪れなかったが、樽前山を選んだ。M君は元ノンプロの野球選手。天候は申し分なかった。真駒内の開発Pに集合して、車1台で支笏湖経由で7合目登山口へ。登山口の駐車場は既に満杯で道路脇に止める。さっそく準備してスタート。樽前山はファミリー登山で人気の山。子供も沢山登っている。最初は階段が多いので登りは以外と心臓にくる。イソツツジが満開だ。スタート時は私が先に登って行ったが、途中でM君と交替。M君はさすがに若く体力がある。どんどん力強く登って行き、少しづつ離される。外輪山に先に着き、私を待っていてくれる。穏やかな外輪山の起伏と荒涼とした溶岩ドームがミックスしたのが樽前山だ。風が心地よく吹き、汗を掻いた体も次第に乾燥してくる。東山山頂には45分であっさり到着。山頂には羽虫が密集して飛びまわっていて体に付く。山頂記念写真を撮り、早々に引き揚げる。今度は外輪山を歩いて西山に向かう。道南の駒ケ岳も割と近く見え嬉し限りだ。イワブクロはまだ蕾で、開花しているのが少ない。迫力ある溶岩ドームの裾野を通過しジクを切って登って行くと西山の山頂に付く。青空の中に支笏湖と残雪の羊蹄山が映える。ここでオニギリを食べながらM君と40分ほどいろいろと語りあう。スローに時間が経過し、久し振りでのんびりと寛いだ。下山も青空の中、夕張岳山塊や支笏湖を見ながら気持良く下山、登山口に無事到着した。
山座同定風不死岳・恵庭岳・羊蹄山・駒ヶ岳・夕張岳・芦別岳

7合目駐車場は8時前に既に満車風不死岳(左)と支笏湖

前半階段が多い登山道イワイソツツジが満開

外輪山に到着。左は西山994m山頂(東山)は虫が大発生

咲き始めのイワブクロ(タルマエソウ)東山から西山に行く途中。ドームは迫力ある

西山の山頂西山の山頂からの支笏湖

西山から下山。ドームの右が東山


★元に戻る


道央の山リストへ    inserted by FC2 system