天望山 1173m


天望山下りの苔むした林と東雲湖が美しい

コース名天望山・東雲湖コース
登山日1998.9.19(土)
天候晴れ
所要時間●登り:1時間20分 ●下り:2時間(東雲湖コース)
参考タイム【12:00】登山口(25')天望山登山口(20’)コル(35’)山頂(40')東雲湖(20')船着場(35')天望山登山口(25’)登山口【15:50】休憩時間を除く
道路情報札幌からの最短距離は274号線(日勝峠)経由だが、精神的に運転の楽な三国峠経由で行った
山行記6時10分札幌出発。三国峠経由で然別登山口に11時45分着。走行距離288km。今日は天候は良いが、風が強い。天望山登山口から広々としたトド松林を登る。風は強いが爽やかである。笹や木が風を切るゴーという音がすごい。コルからは短い笹の茂った斜面を登る。白くて細いダケカンバ林が緑の笹に映え美しい。今年は紅葉が全然だめということ、ここもダケカンバの葉は黄色くならないうちに落ちてしまっている。山頂からは、然別湖と南ペトウトル山、林越しに白雲山、東・西ヌプカウシヌプリ、そして十勝平野の眺めがいい。東雲湖への下りは苔むした林床が美しい。東雲湖は陽が当たった周りの淡い緑と調和がとれ、これまた素晴らしい。ナキウサギ、ヤマゲラ、エゾリスを真近に見ることもできた。東雲湖から船着場は平坦な道を歩く。船着場は今使用していないとのこと。この後水辺のアップダウンの無い道を気持ち良く歩く。この道には、シャクナゲとツバメオモトが大変多く花の咲いた時はみごとだと思う。
キャンプ情報国設のかびらキャンプ場泊(一人250円)。明日はウペペサンケ山へ。

然別別湖と天望山。右側のピークが山頂(1998.9.19)
東雲湖と周りの景観(1998.9.19)

dummy

東大雪の山リストへ    inserted by FC2 system