天塩岳 1557m


登りを前天塩岳コース、下りは新道コースを使う周回ルートがお勧め!

コース名前天塩コース→天塩岳→新道コース→連絡路→前天塩コース
登山日2008.7.29(火)
天候晴れ
道路情報愛別町から道道101号線を走ると左側に天塩岳登山口の看板あり右折。約17km(半分は砂利道)で登山口である天塩岳ヒュッテに着く
所要時間登り:3時間50分。下り:2時間45分(休憩含む)
周回コース総行動時間:7時間25分(休憩含む)
参考タイム【6:00】登山口(30')連絡路分岐(15')旧道分岐(1゜45')前天塩岳(1゜05')天塩岳(1゜30')新道分岐(25')連絡路分岐(25')登山口【13:25】  ( )は休憩時間含まず
トイレ情報天塩岳ヒュッテ前にトイレあり。また、山頂直下の避難小屋横にトイレあり。どちらも清掃されていて綺麗だった!
山行メモ前日は愛別町の協和温泉に入り、天塩岳登山口へ移動。天塩岳ヒュッテの前で車中泊。星空が最高だった。天塩岳ヒュッテの前にある入山届けに記帳して出発。石のゴツゴツした林道を歩く。ガマ沢を鉄の橋1回、木の橋を4回渡る。連絡路分岐、旧道分岐と続き、旧道分岐から前天塩岳までは本格的な急登となる。辛抱のいる所だ。前天塩岳直下はガレ場で、火事で焼けたハイマツの白い枝が覆っている。ガレ場をあえぎあえぎ登ると前天塩岳の山頂に着く。山頂は素晴らしい眺め。天塩岳の背景に十勝連峰、大雪の山々、石狩岳、ニセカウ、武利・武華岳、近くにチトカニウシ山が確認できた。15分休憩して天塩岳を目指す。ハイマツと草付きの稜線を約1時間辿ると天塩岳の山頂となる。11年前と同じような快晴に近い晴れで、心地よい涼風を受けながら約50分休憩する。山頂からはこれから下山する西天塩岳と円山、避難小屋、そして登山道がはっきり見える。下山は急なところが無く、快適だ。途中にある避難小屋とトイレは立派。トイレの便器は真っ白で、またゴミ一つ落ちていない。登山道も笹刈りがされていて歩き易い。これを維持管理している人に感謝!トイレの裏に廻って見ると、残念なことに使用済みペーパーが1コあり回収する。連絡路分岐まで来て、登り返しの無い連絡路を約25分で下り、朝来た登山道を黙々と歩くと天塩岳ヒュッテに着く。
オトギリソウ、ウメバチソウ、ウサギギク、リンネソウ、エゾカンゾウ
温泉滝上町の「童話村交流プラザ」380円。温泉では無いが安くていい

前天塩岳への最後の登り
前天塩岳から天塩岳を目指す

天塩岳の山頂はもうすぐ

天塩岳山頂。バックは前天塩岳
避難小屋(右)とトイレ(左)

新道コースから見える前天塩岳(左)と天塩岳

(1回目)天塩岳山行記録へ

dummy

道北の山リストへ    inserted by FC2 system