ニオベツ川上二股から十勝岳(南日高) 1457m


急峻なV字谷を遡り山頂へ。下山はコイボクメナシュンベツ川南面直登沢へ縦走!

コース名登りはニオベツ川上二股(780左)北西面直登沢。下りはコイボクメナシュンベツ川南面直登沢
   GPSトラック図
登山日2012.8.4(土)
天候曇り
メンバー山のメーリングリスト仲間5名
道路情報浦河から天馬街道に入り野塚トンネルの手前に「翠明橋公園」の駐車場がある。ここから国道を渡り林道に入る
所要時間●登り:5時間  ●下り:3時間15分 休憩時間含む
参考タイム【8:50】翠明橋公園駐車場(1゜20')750二股(10')780二股(3゜05')稜線(2525')山頂(2゜20')530出合い(55')楽古山荘【17:30】  ( )は休憩時間含む
山行メモ十勝岳は残雪期に楽古岳へ縦走した時に山頂を踏んでいる。前から一度沢から行ってみたいと思っていた山だ。車1台と夕食の食材、シュラフなど必要の無いものを楽古山荘にデポし、もう1台で翠明橋公園駐車場へ向かう。ここがニオベツ川二股の出発地点となる。林道を約30分歩き入渓。水量は最近雨が降っていないこともあってか極端に少ない。ガレ場を左に見て本流へ。途中で水が無くなり伏流になる。750二股は右、10分ほど登った780二股は左をとる。いきなり10mの倒木を抱いた涸れ滝が現れる。倒木を利用して全員ザイル無しで突破。ガスがかかったV字谷、水量の無い滝を次から次へと登っていく。930で15mの垂直滝。ここは右岸を高巻く。沢床に楽に下りることができた。960で15mの岩盤滝。ここはGさんとAちゃんが二人で協力して突破。私も含め三人はザイルで確保してもらい登る。時間がかかりラストの私は寒くなりカッパを着る。次にチョックストーンの5mの滝。ここもザイルをもらいゴボウで上がる。途中で20分休憩し、水も涸れてきて稜線目指して急登を登る。詰めの沢形は草付きで殆ど藪漕ぎなして稜線に出る。短いハイマツの踏み跡を辿るとテン場が現れ、すぐ山頂となる。ガスがかかって何も見えないが温かく満足感でいっぱい。缶ビール1本を廻し飲みしただけでほろ酔い気分になる。山頂で腹ごしらえをして約30分休み下山へ。下山は東の稜線1355コルから南に向かって短い笹藪を下降。急勾配を笹を掴み何回も転びながら降りるとやがて沢形となる。ガレ場がでてきて左斜面いっぱいに苔が貼り付き、水がコンコンと湧き出ている。この美味しい水で疲れを癒す。緩やかだが三段の滝や苔蒸した滝が現れ、右岸を落石に気を付けながら下りる。伏流水となる広大なガレ場が現れ、ここで一休み。ガレ場を下り、小滝を下るとコイボクメナシュンの530二股へ着く。あとは1時間ほど渡渉や踏み跡辿りを繰り返し楽古山荘に向かう林道に出る。途中のヨツバヒヨドリの群落は見事だった。山荘到着が17:30となったので温泉はパス。体を拭き着替えをするとそれなりにサッパリする。楽古山荘は我々も含めみんな沢登りが目的の3パーティで賑やか。Y@食担さん、美味しい肉鍋、ホワイトトーモロコシ、ワラビ煮物、キュウリの漬物と御馳走さまでした。冷えたビールにワインが加わり21時でダウン。次の日、4時起床、新冠温泉で温泉入り札幌へは10:30の帰宅となった。

翠明橋公園駐車場
水量が極端に少ないが苔が美しい

10mの涸れ滝を倒木を使って登る

V字谷となってきた
先の15mの垂直滝は右岸を高巻く

10mの滝を直登するリーダー
5mチョックストーン滝を登る

藪漕ぎなしで稜線へ
ハイマツ内に稜線の踏跡を見つける

三角点を指差呼称“ヨシ!”
苔から湧水がコンコンと流れ出る

直登できそうな滝
今度は登りで来てみたいね

核心部は過ぎたようだ

この沢名物のガレ場を下る
コイボクメナシュンの530二股

ヨツバヒヨドリの群落
やっと楽古山荘が見えてきた

dummy

日高の山リストへ    inserted by FC2 system