鷲別来馬川裏沢~室蘭岳(鷲別岳)911m~滝沢下降


5月に沢登りができる室蘭裏沢~滝沢下降の贅沢コース!山頂山菜素揚げも美味しかった

コース名鷲別来馬川裏沢~滝沢下降
登山日2009.5.24(日)
天候晴れ
メンバー山のメーリングリスト仲間6名
道路情報JR幌別駅から幌別ダムの脇を通って鉱山町へ行く。鉱山町と言っても、閉校した学校を利用した宿泊施設「ふぉれすと鉱山」があるだけだ。橋の先から左の林道に入る。暫らく走ると分岐がある。左に行くと滝沢の林道でゲートがある。ゲートの前は広場。右に行くと地図にある川又温泉に向かう林道である。林道終点で駐車。少し歩き、川又温泉との分岐点から裏沢に入渓
所要時間●登り(裏沢):3時間50分 ●下り(滝沢):2時間40分 休憩時間含む
参考タイム【6:45】裏沢林道P(1゜40')480二股(2゜10')【10:35】室蘭岳【11:30】(25')カムイヌプリコル(1゜55')滝沢林道終点(20')滝沢林道ゲート【14:10】  ( )は休憩時間含む
山行メモ行って見たい沢のリストに上がっていた室蘭岳裏沢~滝沢に行くことができました。楽しみにしていた先週の松倉川、ソウベツ川は風邪で急遽、キャンセル。約1カ月も山から離れていたので体力が不安だったが、何とか付いて行けた。事前にリーダーganさん著作2冊目の本で予習。裏沢では入渓していきなり、白っぽい岩盤の滝、ゴルジュ、滑が現れる。第1核心部だ。第2核心部は雪渓の下だったので、山菜採りモード全開。Tsuさんは、山菜採りの達人。達人からコゴミの見分け方を教えてもらったのが、収穫だった。昼は室蘭岳の山頂でウド、ネギ、コゴミ、アズキナの素揚げ。山頂での夏道登山者との素揚げの山菜を介しての交流会はよかった。みなさん、美味しく食べニコニコ顔でした。滝沢の下降ではいろいろと学ぶことが多かった。ロープの使い方の実践講習。Iさんのへつりでのドボン。私はヌルヌル滑で転倒、スライダーの様に滑った。咄嗟にganさんとTeさんが、下流で私を受け止める体勢をとっていてくれたので焦ることはなかったが、これが滝上だとと思うと背筋が寒くなった。ヌルヌル沢は慎重な足運びが必要だ。滝沢は大小の滝が沢山あり苔が美しい。固定ロープも2箇所あり、次回は登りで遡行してみたい。滝沢の下降も無事終わり、林道を20分ほど歩きゲートに着く。帰りはアヨロ温泉で汗を流し、Teさん運転で札幌に向かったが、ノンアルコールビールにiwaさんが買ったイカのつまみでも充分酔っ払った気分になることが分かった。それから朝集合した時にTeさんから奥様が作った6人分のオニギリの差し入れがあった。朝食にと1個食べたが、なんと雲丹オニギリだった。雲丹のオニギリは初めて食べた。Teさんご馳走さまでした。自宅夕食も山菜のテンプラと酢の物で山菜尽くしの1日。風邪も吹き飛び元気になることができました。
温泉アヨロ温泉(白老町虎杖浜) 300円。シャンプー、石鹸なし。源泉100%のいい温泉だった

★室蘭岳(夏道コースの情報)へ

いきなり白っぽい岩盤の滑り台のような滝が現れる

深い釜を持った滝はいい雰囲気だ

次から次へと滝が現れる

白っぽい岩盤の滑
ゴルジュの滝は左岸を行く

480二股で休憩。右股に雪渓が現れる
オオサクラソウが沢山咲いていた

雪渓に覆われたノーマルルート
山頂は大賑わい。山菜の昼食は贅沢だ

次の写真へ続く

dummy

道央の山リストへ    inserted by FC2 system