1327無名峰(労山熊見山)


今回は初めての南尾根コースを選択。標高差367mらくちんコース

(夏道は無し)
コース名南尾根コース
登山日2011.2.6(日)。メンバー7名
天候曇り
道路情報日勝トンネルの手前に長い「三国沢シェルター」がある。この日高側入口の右側に駐車スペースがある。きちんと除雪されていた。感謝。
所要時間登り:1時間30分 下り:40分  休憩時間を含む
参考タイム【7:35】シェルター入口(1゜30')【9:05】1327峰【9:20】(40')シェルター入口【10:00】   ( )は休憩時間含む
山行メモリーダーのganさんはいつも早出、早帰りの山行だ。朝起きるのは少し辛いが、車に乗ってしまえば頭が山登りスイッチに切り替わる。帰宅は早い方が何かと1日が長くて有効に過ごせる。車2台で相乗りして日勝峠を目指す。今回は往復274号線を使った。恵庭南ジャンクソンからの道東高速が無料になり、274号線の車の台数が激減した。日高町の二つのセーコーマートは何とか開店して買い物をする。道の駅には車が5台ほど駐車しているだけで閑散としている。今後、どうなるのだろうか。今までの高速道路料金は高過ぎた。多額の国費をかけて造ったのに空気を運んでいるだけで、何とも勿体無いといつも思っていた。極端すぎる。受益者負担のバランスのいい料金設定はないものか。無料区間が増えたことで我々登山者にとって費用がかからず短時間で遠くに行け大変便利になったのだが、内心複雑な思いだ。日勝峠の登山口駐車場までこんなことを考えていた。我々が一番乗り。今日は初めて一緒に山行する人が4人と多い。みなさん溌剌とした人ばかりだ。南尾根から1327峰を直登するのは初めて。なだらかで登り易いルートで高度も上がってくると北日高の山々が徐々に見えてくる。今日は高曇りで見透しがいい。日勝ピーク、沙流岳、ペケレベツ岳、芽室岳、剣山、チロロ岳、ペンケヌーシ岳が確認できた。遠くには阿寒の山も見える。左の雪庇の下を通り、ひと頑張りで山頂に着く。山頂はさすがに風が強いが十勝連峰、トムラウシ、大雪・石狩の山々、ニペソツ、ウペペサンケ山がくっきりと見える。また、遠くには羊蹄山、無意根山が白く輝いていた。下りは少しクラストした雪に足をとられながらも何とか滑り下りることが出来、満足する山スキーツアーとなった。

シェルター横から出発。駐車場が見える
南尾根を進む

ラッセルが少なくて楽
陽が差してきて心地良い

標高が上がると日勝ピーク(1445m)ペケレベツ岳が望める

山頂は見えないが、下りの滑降が楽しみ

誰だ遅れている人は?
山頂から大雪方面を望む


dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system