別狩岳 726m

(べっかりだけ)
初心者用スキーゲレンデが広がる山。眺望も最高!

(夏道は無し)
コース名五番川コース    GPSトラック図
登山日2007.4.19(木)。単独
天候晴れ
道路情報国道451号線を浜益から滝川に向かう。浜益川下の信号から約22kmで五番川の橋があり、それを過ぎた所の道路脇に駐車。道路脇が下がっているので雪のある時期は駐車位置に注意。
所要時間登り:3時間20分 下り:1時間50分  ( )は休憩時間を含む
参考タイム【10:00】林道入口(1゜10')渡渉(2゜10')山頂(40')渡渉(1゜10')林道入口【15:40】   ( )は休憩時間含む
山行メモあいの里8時発。天気は快晴。国道231号線で浜益に向かう。送毛トンネルの出口では、真っ白な増毛の山々がいつも迎えててくれる。浜益川下の信号を右折し、滝川に向かう。実は存在感のある黄金山は、小学生ごろから記憶にある山だ。新十津川町生まれの私は、浜益が海水浴場だった。幌を被せたトラックの荷台に大人から子供まで乗り、遠い浜益まで砂利道を行くのだ。黄金山の奇異な姿が見えると浜益である。我々は「おむすび山」と呼んでいた記憶がある。川下の信号から約22kmで五番川に沿った林道入口である。車を道路脇に置いてスノーシューで出発。約1時間余を雪山ガイドどおり歩く。五番川が大きく右にカーブして両脇が山で迫ってくる地点を通過したあたりで渡渉しなければならない。結構水量も多く、渡渉地点を捜していると丁度、川を横断している丸太を見つけた。スノーシューをザックに括り付け、ストックでバランスをとり何なく渉る。それから山頂に続く尾根に乗った。忠実に尾根を辿る。だんだん疎林となり緩斜面の素晴らしいゲレンデが続く。次はスキーで来よう!途中で右手に群別岳と奥徳富岳の両山が最もかっこよく尖って見える地点があり、思わずシャッターを切る。鳥の囀り、キツツキのドラミング、遠くに川のせせらぎ音、空は真っ青で、そのまま天に吸い込まれそうな不思議な思いに包まれた。670mピークを越え、コルから約70m登ると山頂の人となった。山頂は無音、無風でポカポカ陽気。約30分腹ごしらえをして寛ぐ。下山はあっと言う間に渡渉地点に着く。朝より雪解け水で水量が多くなっていたが、丸太を使って渡渉。あとは、疲れもでたのか、五番川に沿ってだらだらと歩く。ようやく愛車フォーレスターが見えた時は正直ほっとした。
山座同定黄金山、浜益岳、幌天狗、群別岳、奥徳富岳、暑寒別岳、南暑寒岳、ピンネシリ、神威尻山、当別丸山、察来山

林道途中から別狩岳が見えてくる
五番川の左岸を進む

五番川には丁度、丸太があり渡渉
鋭角の群別岳と奥徳富岳がかっこいい

広いゲレンデが続く
山頂から下りる

黄金山、暑寒別岳、群別岳、奥徳富岳など増毛の山々が望める


2016.2.18の別狩岳へ


dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system