大黒山 724m(640mまで登頂)


(2回目)
コース名仁木コース             GPSトラック図
登山日2013.2.2(土)
メンバー山のメーリングリスト仲間12名
天候雨のち曇り
道路情報小樽から来てフルーツ街道の南7丁目交差点を左折し農道に入る。車がすれ違うのが難しいほど狭い道だが除雪してある。送電線を過ぎてまもなく最終除雪地点。車が数台止めれる
所要時間登り:2時間10分 下り:1時間10分  休憩時間を含む
参考タイム【10:35】駐車地点(2゜10')640m地点(1゜10')駐車地点【14:10】   ( )は休憩時間含む
山行メモ予定は毛無山だったが朝から雨。毛無山から標高の高いキロロに行ったが強い雨。中止にして赤井川温泉に向かう。温泉は10時からでまだ時間がある。そのうちに雨は止み青空が見えてきた。せっかく来たのだからとメンバーが地図を持っていた近くの大黒山に行くことにした。4年前に一度登っていたが、灌木が五月蠅い小沢の左岸を歩いたこと、その上にオープンバーンがあることを記憶している。除雪もキチントしてあり車4台を詰めて駐車。スタートが遅くなったが出発。記憶の通り灌木の間を縫って進む。時々小さなアップダウンがある。1時間超も平坦な所を歩くと沢形のオープンバーンが見えてくる。左側の斜面には何本のも亀裂が横に入っているのが見える。左の尾根を登って行くことにした。私は風邪で暫く山に行っていなかったので、付いて行くのがやっと。みんなから遅れて息を切らして登る。640m地点が山頂からの稜線となり、ここを今日の山頂とした。少し休み、シールを剥がしてドロップすることに。雪質は硬いモナカで最悪のコンディション。皆さん悪戦苦闘、何回も転びまくりながら何とか怪我をぜず下りる。平坦なトレースを辿っての下山滑走も気を付けないと樹が込んでいるので危険。慎重に下りる。朝から何も食べていないので、お腹が空いて力が入らない。メンバーに断ってバナナを食べる。少し元気が出てスキーを滑らせ、やっとの思いで駐車地点に着く。その後、朝里の「湯の花」で汗を流し、小樽の蕎麦屋「いろは」で蕎麦を食べる。12人で思い思いに注文をとり美味しい蕎麦をワイワイと談笑しながら味わった。とにかく美味しい蕎麦を食べることができ満足して帰宅した。

最終除雪地点から出発
1時間超でオープン斜面が見えてくる

左の尾根を登った
640m地点で今回は下る

硬いモナカで最悪のコンディション
皆さん転げまくりながドロップ

1回目(2009.2.1)の山スキー記録へ


dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system