濃昼岳 621m

(ごきびるだけ)

浜益10名山の一つ。山頂の少し先に増毛連山のビューポイントがある

コース名濃昼林道コース   GPSトラック図
登山日2008.4.6(日) つぼ足
天候晴れ・薄曇り
道路情報浜益の濃昼地区にヘアピンカーブがある。そのカーブの所から濃昼林道が北東に向かって走っている。林道入口に数台の駐車スペースがある。100mほど行った所にゲートがある。
参考タイム【7:10】林道入口(1゜10')Y字分岐(1゜00')537mピーク(35')山頂(25')537mピーク(25')Y字分岐(55')登山口【12:30】   ( )は休憩時間含む
所要時間登り:2時間45分  下り:1時間45分
山行メモ朝5時起床。準備をして6時過ぎにあいの里発。濃昼のヘアピンカーブの所から濃昼林道が伸びているが、ここが登山口。少しして車が1台到着。単独の男性で初対面だったが、何と同じあいの里の住人。挨拶を交わし先に出発する。林道には雪がたっぷり。スノーシューをザックに括り付け長靴で行く。途中で左手に三角のピークが見えるが、670mピーク。林道を忠実に約1時間超歩くとY字になった分岐になる。左右とも下りとなる。この地点から北東に伸びる尾根に上がる。尾根取り付き点から537mピークまの標高差約250mを一気に登る。時々雪が切れて藪を登るが、殆ど雪が残っているので登り易い。537mピークに到着すると眼前に像の頭の様な濃昼岳が現れる。ここからは、割りと平坦な広々とした雪原を進む。だんだん広大な雪原となるが山頂が判りづらい。樹木が殆ど無いので開放感抜群。山頂らしき所を過ぎ、少し先の増毛連山のビューポイントを目指す。靄がかかった様な空でくっきりしないが増毛連山がいつも見るように素晴らしい。少し後から登山口で会った単独男性Mさんも到着する。Mさんは殆ど単独で山を登っていて、登山のホームページ「北色の山と風景」を開設しているとのこと。しばらくMさんと山談義。私たちは、そこで腹ごしらえ。Mさんは山頂に向かった。約50分、そこで寛ぎ下山することに。つぼ足の下山は自然と足が前に進むので楽しい。北東尾根も一気に下る。林道をだらだらと歩き、途中でフキノトウを採る。林道入口に着くとMさんは既に到着していて帰る準備をしていた。最後の挨拶を交わし、我々は浜益温泉へ。浜益温泉からの帰りに、群別岳への林道を偵察。林道は入口から約3kmほど除雪をしているようで雪なし。あとは積雪1mほど、たっぷり雪があった。自宅に帰ってからフキノトウのテンプラでビール。沖縄のゴーヤの様な苦味が何とも美味しかった。
温泉浜益温泉 500円

林道入口から100mほどでゲートがある
林道がY字に分岐。そこから尾根を登る

尾根は結構な急斜面
537mピークで平坦な濃昼岳が現れる

山頂がどこか判りずらい
薄っすらと増毛連山が見えた。見えますか?

dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system