春香山 810mで時間切れ撤退


オーンズコースから春香山を目指すも810mで時間切れ撤退

コース名オーンズスキー場コース             GPSトラック図
登山日2016.12.29(木)
天候小雪
メンバー山のメーリングリスト(HYML)仲間ほか全部で10人
所要時間【9:00】オーンズスキー場(15')リフト終点(3゜35')【12:40】標高810mまで【13:10】(2゜20')オーンズスキー場【15:30】
道路情報オーンズスキー場のリフト運行開始は9時(1月からは8時30分)。回数券を購入してリフトで標高300mまで登る
山行メモ今回はHYMLのメンバーから誘いがあった。ほかの山岳会の仲間も一緒に行くと言う。リーダーは山岳会にもHYMLにも所属しているMさん。12月末の山行だから厳冬期と言ってもよいだろう。さすがに寒く厳しい。スキー場のセンターロッジで顔合わせ。私は6人顔見知り。山岳会の人は皆さん若い。リフト9時始発に乗り出発。リフト終点は標高300m。周りが雪やガスであまり見えないので、進行方向にコンパスを切り、皆んなで確認しながら進む。最初は平坦で林の中を突き進む。徐々に傾斜が出てきてラッセルを交代しながら登る。リーダーのMさんはルート旗や赤テープで印を付けるのに余念がない。ラッセルは20cm~30cm。人数が多いので助かる。480mポコは左をトラバースするつもりが山頂まで登り下る。樹が少し煩いところがあるが極力尾根伝いに登る。600mから標高点666mまでの急坂もブッシュが多い。一度下ると林道に出る。ここから左に唯一オープン斜面がある。春香山にコンパスを切って登って行くが、13時近くなったので、810mで無理をしないで戻ることにした。下りは幼木のブッシュを避けながら慎重にスキーを滑らせる。今日の雪はスキーがよく滑る。短いオープン斜面では皆さん歓声をあげながら滑る。往路のトレースは消えている所も多く、ルート旗や赤テープがあるので安心だった。480mポコの手前の登りだけシールを付ける。徐々に薄暗くなってきた。最後にスキー場を気持ちよく滑りゴールイン

リフト終点で準備して出発コンパスでルート確認しながら進む

急斜面のラッセルも人数が多いので助かる時々休憩。結構寒い

昔の賑わった頃の標識全員で地図を確認しながら登る

810mを山頂とした。少し天候が回復薄暗くなってきた。もう少しでスキー場


★冬の春香山(1回目)を見る

dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system