飛散岳 686m~愛冠 465m


二つの山ともに増毛連山の展望台。短時間で行けるのでお勧めです

コース名送毛トンネルコース    GPSトラック図
登山日2011.4.9(土)
天候晴れ
参考タイム【8:10】送毛トンネル南口停車帯(20')尾根上(30')510mポコ手前林道(1゜00')飛散岳(35')トンネル上(35')愛冠(30')トンネル上(35')送毛トンネル南口停車帯【13:10】※休憩時間含くむ
所要時間上り:1時間50分。飛散岳~愛冠:1時間10分。愛冠下り:1時間05分
道路情報送毛トンネル南口に開発局の「あんしん駐車帯」があり、端に止める
山行メモ今日は全道的に晴れマーク。前から温めていた飛散岳と愛冠の情報を参考に浜益方面に向かう。厚田を過ぎて周りを見ると積雪が全く無い。今日は登山は無理かなと思って車を走らせると徐々に雪が現れてきた。送毛トンネルに近くづくと積雪量が多くなってきてほっとする。トンネル南口の「あんしん駐車帯」に車を止めて出発。国道を挟んで向かいの尾根を目指して急斜面を登る。硬い雪だが長靴で何とか尾根上へ。尾根上に出ると目指す飛散岳が見える。そのまま尾根を忠実に進み、送毛トンネル上から右にターンして少し下り510ピークの北側をトラバースする。樹木の間から白い増毛・暑寒の山々が見えてきて登高意欲を掻き立てる。510ピークと飛散岳への稜線に上がり、そのまま進む。150mほど急坂を息を切らして登ると平坦になり、左にニセピークがある。その右下をそのまま進むと丸い山頂に着く。山頂からの眺望は息を飲むほど雄大だ。手前の岩峰は645ピークで、これまたアクセントになり増毛・暑寒の山々を引き立てる。左に雄冬山、浜益御殿、浜益岳、幌天狗、群別岳、暑寒別岳、奥徳富岳、南暑寒岳と並ぶ。そして手前に異様な形の黄金山が屹立している。また東にはピンネシリと円錐峰が見える。風が少し強いので飛散岳の急斜面を下った展望のよい所でサンドウィッチとコーヒーで小休憩。そのあと愛冠を目指す。愛冠は平坦な山だ。送毛トンネルの上を直角にそのまま進む。緩やかな広い尾根を登り、途中から右にターンする。山頂手前は植林されていて、左側の青い海と幼木が不思議な光景を造る。山頂は平坦で、飛散岳と同様に増毛連山の大パノラマ。「愛冠山」と書かれた小さな標識が木に打ち付けてある。風が強いので少し下った所で海を見ながらランチタイム。至福の時間、何と贅沢なんだろうと今日も山に登ることができた事に感謝。あとは帰るだけ、来たコースをそのまま下り、尾根上は少し進み過ぎたが駐車地点に無事に着く。スノーシューは一度も使わない山行だった。

送毛トンネル「あんしん駐車帯」
尾根上。右が飛散岳

樹木の間から増毛・暑寒の山々が見えてくる。送毛トンネル上から少し東に下がった地点

510ピークをトラバース
飛散岳山頂

飛散岳山頂からの大展望。手前の岩峰は645峰

飛散岳の下り。平坦な山は愛冠
愛冠手前の植林された幼木

愛冠の山頂からも雄大な景色が堪能できる

愛冠の下り。右は飛散岳。その手前は510ピーク。左は645峰


dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system