イワオヌプリ 1116m


短時間で登れて山スキーに適したコース

コース名五色温泉コース          GPSトラック図
登山日2017.4.1(土)
天候晴れ
メンバー山のメーリングリスト(HYML)仲間9人
参考タイム【9:30】登山口(1゜45')【11:10】山頂【11:30】(30')登山口【12:00】
  ※休憩時間含くむ
所要時間上り:1時間40分。下り:30分   ※休憩時間含くむ
道路情報ニセコ五色温泉で通行止。最奥に広い駐車スペースがあり、ここが登山口
山行メモ一泊で山仲間所有のニセコ山荘にてHさんの傘寿祝賀会が催される。その前に短時間で登れるイワヌプリと言うことで9人が集まった。快晴のいい天気でニセコアンヌプリが輝いている。通行止めの道道58号を最初は辿る。間もなく30km速度制限標識があり、道道から離れ左へ大きくターンするように進み、緩やかな尾根に取り付く。白銀のニセコ連峰は雄大だ。右手にイワヌプリを見ながら尾根を登って行き、除々に右にターンしながら急斜面を登る。標高差120mだが結構急でジグを切って登る。登り切ると平坦な台地となり北東に進むと山頂に着く。山頂は平坦だ。思い思いに食事をしたり、滑降の準備をしたりと約20分休憩する。今日の雪質はモナカ状態だが、晴れているので除々に表面がシャーベット状に変化してきた。だが、イマイチの雪質には変わりはない。スキー指導員のNさんが最初に滑降。次から次へと滑り、一度急斜面を南東にトラバースして再度滑降。やはり天気が良いので気持ちがよい。あとは緩斜面をだらだらと滑り駐車地点に着く。
温泉に入ってから祝賀会場の山荘へ。22人が集い、賄い隊が準備した沢山の種類の料理が並んだ。主役のHさんも嬉しそうだ。Hさんは私たちの希望の星。頑健な体で夏山でも山スキーでも登るのも早い。沢登りでは我々をロープで引っ張り上げる。また山菜採りの名人。若い人にも人気がある。けっして奢らず、侍の心を持った素晴らしい人。私は22時ごろ就寝したが、24時ごろまで飲んでいた強者もいたようだ。
温泉ニセコ五色温泉 700円

五色温泉の先にある駐車スペース
ビーコンチェックをして出発

冬期間通行止の道道を進む
30km速度制限標識で道道から離れ左へ

緩やかな尾根を登る。右がイワオヌプリ
標高差120m急斜面を登る

急斜面を登ると平坦に。奥が山頂
山頂でシールを外し滑降モードへ

少し雪質が良くなってきた
緩斜面の尾根まで下る。アンヌプリが綺麗

Hさんの傘寿祝賀会。旗や横断幕は私が作った
祝賀会に集まった山仲間

dummy


はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system