喜茂別岳 1176m


中山峠からからNTT無線塔経由で山頂へ

コース名中山峠林道コース
登山日2001.1.20(土)
天候曇り時々晴れ、小雪
メンバー山のメーリングリスト仲間13人。初心者多数。
所要時間●登り:3時間35分 ●下り:3時間25分 ※休憩時間含む
道路情報中山峠の道の駅に駐車。道路を挟んで向かい側に林道がある。
山行メモ3時過ぎに起床、4時過ぎあいの里発、川沿グリーンホテル4時45分着(ここが集合場所)。
NTT無線塔までの林道はなだらかで、林道に沿って電柱があるのし迷うウことは無い。ラッセルは20cmほどでシールを付けて快適に歩く。林道を過ぎNTT無線塔を左に見て900mポコに向かう。900mポコはどこがポコだかよく分らないほど平らだ。無風で天候は悪いといえないのに、リーダーのGさんは、時々木に赤いテープを結んでいく。天候の急変に備えるためだ。冬山は登山道が無く、吹雪いたりして道に迷ったら終わりだ。965mピーク付近から陽が射してきて、キラキラ光る雪面と針葉樹のモンスターの中を気持ち良く進む。少しづつ勾配が急になり、雪質もクラスト状態になり、気温も下がってきた。喜茂別岳山頂付近は樹が無く、真っ白い雪原となる。Gさんは、今度はデボ旗を数十mおきに立てていく。山頂付近は風も強くなってきた。山頂直下の風の無い北斜面に宴会場を作る。ツエルトを2張り。経験豊富なGさん、Oさんは流石に手際良い。スコップでみんなの座席を作り宴会がスタート。ホット梅酒は体も温まり美味。野菜やウインナー入りカレーラーメンもどっさり作った。酒類も豊富で瞬く間に2時間が過ぎた。下山はシールを外して下る。雪はクラストして滑り難いがなんとか林道まで下る。それからの林道は緩いアップダウンが続き、キツカッタ。バテバテで中山峠に16時40分やっと着く。
山座同定小喜茂別岳(ポン喜茂)、並河岳、定天、烏帽子岳、百松沢山、札幌岳、羊蹄山などが見えた。無意根山は見えなかった。

中山峠からの林道を歩く
針葉樹のモンスターの中を歩くリーダーGさんの雄姿

喜茂別岳の山頂付近
大宴会が延々と2時間も続いた

dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system