喜茂別岳 1176m(950mまで)


膝上から股下のラッセルは体力消耗。結局950mを山頂とした

(夏道は無し)
コース名南西尾根コース
登山日2011.1.22(土)。メンバー5名
天候雪時々晴れ
道路情報国道230号線を中山峠から喜茂別町に向かって進む。深雪橋の手前に送電線があるので目印になる。駐車ができるのは深雪橋の次の橋(黒橋?)から少し喜茂別側に走った所の右側に除雪スペースがある。 そこから札幌側に国道を歩いて戻らないといけない。その間が見通しがあまり良くない場所なので要注意
所要時間登り(950mまで):3時間35分 下り:50分  休憩時間を含む
参考タイム【8:40】駐車地点(10')登山スタート(3゜25')標高950m【12:15】昼食【12:45】(40')スタート地点(10')駐車地点【13:35】 ( )は休憩時間含む
山行メモ正月からの風邪が長引き、ようやく回復。今年初めての山スキーである。運動らしい運動は自宅の雪掻き程度で体力は最低。自宅を出発する時は月が出ていて天気は期待できそうだった。豊滝の道路情報館が集合場所。Aさんが既に定山渓で待っているとのこと。1台に乗り合わせ出発。Aさんを定山渓で拾い黒橋を過ぎた右手にある除雪スペースで出発の準備をする。あれれ、Aさんが自分の車にスキー靴を忘れてきたと言う。私も過去にこのようなことがあり、みなさん慣れたものだ。全員が車に乗ってスキー靴を取りに戻る。札幌は天気がよかったのに、中山峠を過ぎると雪。雪が降る中出発。下の写真を見ても分かるように、深い新雪で膝上と言うより股下のラッセル。ラッセルを交替して進むが、体力の無い私が一番距離が短い。急坂はジグを切って登るが山側は肩まで雪がある。12時をリミットとして登る。12:15に眺めのよい950mに到着。ここを今日の山頂とした。雪も止み青空の中、思い思いに昼食にして約30分寛ぐ。さぁ、下りだ。急な斜面でも雪が深く前に進まない。転んだら起き上がるのが大変。みなさん苦戦しながらも何とか下山する。私は先日シールを自分で糊貼りしたからか、スキー板の裏に雪が附着して進まない。スクレパーで時々、雪を剥がし最後はジェットコースターのようになったルートを一気に滑り降りる。

広く除雪してある駐車スペース
国道を駆け上がり進む

ラッセルが膝上まである
急坂のラッセルは辛い

雪は股下まである
ラッセルを交替しながら進む

遅々として進まないねぇ
青空が広がり樹木が映える

右手に小喜茂別岳が見える
疲れた!ここを山頂にしよう


dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system