札幌国際スキー場1099mピーク


小喜茂別岳が猛吹雪で断念、国際スキー場へ転進

コース名朝里岳沢川コース
登山日2012.2.12(日)
天候吹雪
メンバーメーリングリスト仲間 4名
道路情報国際スキー場のゲレンデを山スキーで登るのは禁止なので注意
参考タイム【10:15】国際スキー場(2゜00')【12:15】1099ピーク【13:00】(20')国際スキー場【13:20】
   ( )は休憩時間含む
所要時間登り:2時間 下り(ゲレンデ滑走):20分
山行メモ予報は暴風雪情報。昨晩雪が降ったので朝早く起き自宅の除雪をしてから行く。今日の予定は小喜茂別岳。私の車に乗り合いしてGさんが運転。定山渓を過ぎると吹雪になってきた。対向車がライトの他にハザードを点けてくる。徐々に猛吹雪となり視界も悪く時々全く見えなくなる危険な状態。やっとの思いで中山峠に着く。暫く休むが吹雪は止まない。ここで小喜茂別岳を断念、札幌国際スキー場に転進することにした。猛吹雪の中ビクビクしながら乗っていたが、定山渓に入ると視界良好になる。国際スキー場の駐車料金は無料。スキー場の更衣室を借り準備して出発。そのままゲレンデの端をスキーヤーの邪魔にならないように機嫌良く登っていると、スノーモービルのパトロール車が来た。何かあったのかなと思っていると我々がターゲット。「山スキーでゲレンデを登らないように!」と注意される。それで地図が無くても行ける白井岳に変更することにした。朝里岳沢川の立派な左岸トレースを歩いていると、次から次へと若いボーダーやスキーヤーが滑ってくる。聞いてみるとスキー場の山頂ゴンドラ駅から深雪を求めて滑ってきたとのこと。要するに禁止区域を滑ってきたのだ。我々も白井岳を止め再び山頂ゴンドラ駅を目指すことにした。ボーダーのトレースを参考にジグを切って登って行く。結構な急斜面で上部はオープンバーン。若者が滑りたくなるのも分かる。ゴンドラ駅に近づくと強烈な風と雪。ゲレンデを避けてゴンドラ駅に到着。ゴンドラ駅の少し上に「Welcom国際スキー場」の看板が立った立派なカマクラがあった。誰も居ないしラッキー!丁度4人が座れるようになっており快適。カマクラの中でラーメンを作り温まる。外の猛吹雪が嘘の様。下山はゲレンデを滑ったが視界が無くどこを滑っているのか分からない状態でやっと滑り降りる。猛吹雪に翻弄されたが全くリーズナブルな山スキーツアーだった

朝里岳沢川の左岸トレースを進む

国際スキー場山頂ゴンドラ駅を目指す
標高差470m。結構急斜面

ゴンドラ山頂駅上にあるカマクラ
外は猛吹雪。中は静かで快適


dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system