迷沢山 1005m(札幌50峰)


新緑が萌える初夏の迷沢山。林道歩きが多いが眺望がよくお薦め

コース名上平沢林道コース   片道約5.5km
登山日2014.5.19(月) つぼ足(長靴)
天候晴れ
道路情報定山渓側から行く。四ツ峰トンネルを過ぎてからさっぽろ湖が狭くなる。迷沢林道の次が上平沢林道。林道入口にゲートがあり標識もあるので判る。迷沢山登山口の小さな標識もある。ゲートには鍵がかかっている。登山口に車3台駐車可。
参考タイム【9:30】登山口(2゜35')【12:05】山頂【12:40】(1゜30')登山口【14:10】   ( )は休憩時間含む
所要時間登り:2時間35分  下り:1時間30分
山行メモ山頂まで殆どが林道歩きだが、林道や山頂からの眺望は素晴らしい。葉が生い茂っていない雪が残る初夏か初冬に訪れるとよい。前半は林道脇に咲く春の花を愛でながらのんびりと歩く。一本目の送電線下には意外と早く着いたように感じた。C660のヘアピンカーブ手前から林道が全面雪で覆われた。2~3日前に北海道に寒波が押し寄せ北見方面で雪が降った。札幌は二日間大量に雨が降り、この時、山は雪だったようだ。残雪期の雪は汚いが、この日は純白。気持よく登って行く。標高も徐々に上がってきて、林道から真っ白な白井岳、雪が少なくなった岩肌のゴツゴツした定山渓天狗岳の素晴らしい景色が望める。定山渓天狗岳のⅠ峰~Ⅲ峰までがよく判る角度だ。温かいのでアンダーシャツ1枚になって歩く。山頂手前まで林道をそのまま辿ればよいのに、少し早めに林道から離れ適当に山頂を目指す。登った地点が・1000mの所。山頂はさらに南側に見える。そこから平坦な稜線を辿り約10分で山頂に着く。山頂には三等三角点の石標があった。今まで4回登っているが冬ばかりで石標は見たことが無かったので新鮮だった。白井岳をバックに木に括りつけられた山頂標識を入れ写真を撮る。札幌の街も広がり遠くに浜益岳などの増毛の山々が確認できる。手稲山はいつもと見る角度が違いアンテナ群もよく見える。食事を摂り35分ほど山頂で休憩し下山する。
山座同定定山渓天狗岳、ヒクタ峰、羊蹄山、白井岳、余市岳、無意根山、札幌岳、徳舜瞥山、ホロホロ山、烏帽子岳、百松沢山、藻岩山、手稲山、増毛の山々
温泉朝里側温泉「かんぽの宿」500円

3台分の駐車スペースがある
林道脇の花を愛でながら歩く

林道から定山渓天狗岳を眺める
途中から林道は雪で覆われた

二つ目の送電線横断地点から最高の眺望が得られる

2日前に降った雪と蕗のとう
後半の真直ぐな林道を進む

広い平坦な山頂はもうすぐ
白井岳をバックに山頂標識と写す

山頂から見た白井岳方面
いつもと違う角度から見る手稲山は新鮮

2013.12.19の山スキー山行記へ

2009.12.27の山スキー山行記へ


dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system