雌阿寒岳 1499m


山頂から眼下に望む荒々しい火口群。阿寒富士、雄阿寒岳と眺望も素晴らしい

コース名雌阿寒温泉(野中温泉)コース                GPSトラック図
登山日2014.4.28(月)
天候晴れ
メンバーHYMLの仲間Ko玉さんと
道路情報野中温泉にはトイレもあり、その後に舗装してある広い公共駐車場がある。夜になると電灯も点く。水を持参すると車中泊が可
所要時間登り:2時間50分。下り:1時間30分。休憩時間含む   つぼ足
参考タイム【7:15】登山口(2゜50')【10:05】山頂【10:15】(1゜30')登山口【11:45】   ( )は休憩時間含む
山行メモ雌阿寒岳は夏にオンネトーコースから一度登っているだけ。登山道入口で入山届けに記帳して出発。ほぼ夏道コースを登る。森林限界である約1000mぐらいから視界が一気に広がる。黒々とした荒々しい岩肌に残雪模様が織りなす素晴らしい景色だ。九合目からは雪が殆ど無くなった。まず噴煙立ち昇る火口に赤沼が見え出した。荒々しい光景。山頂まで火山礫の登山道。風が強く、時々体が揺れるので耐風姿勢で山頂にたどり着く。山頂からは青沼と阿寒富士、そして北東に阿寒湖畔コースの剣ヶ峰と中マチネシリ火口の雄大な景色が広がる。隣りには黒々としたフップシ岳。さらにKo玉さんが登っているイユダニヌプリ山と伊由谷岳。カタカナと漢字の同名の様な山で面白い。風が強いので山頂写真を撮り、そそくさと下山。下山時に8人ほどの遠軽高校パーティに出合う。挨拶もキビキビして若者らしく、すごく感じのよいパーティ。ちょっとした出合いだったがエネルギーを貰い気持よく下山。雌阿寒岳は午前中に終わり時間も余ったので本別町の義経山に向かって車を走らせた。
山座同定阿寒富士、フップシ岳、雄阿寒岳、イユダニヌプリ山、伊由谷岳
温泉帯広スーパー銭湯「鳳乃舞」 420円

車中泊した公共駐車場
登山口からアカエゾマツの森に入る

綺麗な苔が岩を覆う
森林限界を超えると山全体が望める

左の夏道を忠実に辿った
九合目に向かって登る

荒々しい火口の底に見えるのは赤沼

山頂へ続く登山道。風が強かった
阿寒富士と青沼

中マチネシリ火口と剣ヶ峰そして遠くに雄阿寒岳(山頂)

山頂で写す
下山開始。午前中に下山できそう


dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system