三国内 969m(三等三角点)


山頂はニセコの山々の大展望台で雷電山が迫る。疎林の尾根滑りは最高!

コース名南西尾根コース   GPSトラック図
登山日2009.3.29(日) 山スキー
天候快晴
メンバー山メーリングリスト仲間7人と
道路情報蘭越町から尻別川の橋を渡り、吉国から2万5千地形図の上里に行く。ここから北東に向かう林道を進み、最終人家(C220m)が駐車地点となる。人家や除雪の邪魔にならないように駐車する。
参考タイム【7:40】最終人家駐車地点(2゜40')【10:20】山頂【11:05】(45')最終人家駐車地点【11:40】   ( )は休憩時間含む
所要時間登り:2時間40分  下り:35分
山行メモ前日はニセコのビーナスの丘に登った後、Kさん紹介の別荘に10人で泊まる。5:30起床でリンゴとパンとコーンスープの朝食を摂り6:40別荘発。ご夫婦のYちゃんとRちゃんは所用で三国内に参加せず帰る。天気は昨年と同様で快晴。蘭越のセイコーマートに寄った後、蘭越駐在所に登山計画書を提出する。最終人家は予定時刻どおり出発。Kさんを先頭に南西尾根をダケカンバ類の疎林を縫うように登る。644からはだんだん眺望がよくなってきた。右に白く輝く目国内岳、振り向くとニセコアンヌプリ、羊蹄山、昆布岳、幌内山、幌平山と雄大な景色が連なる。噴火湾と日本海も同時に見え、駒ケ岳も確認できた。暑いのでアウターを脱ぎ、シャツ1枚の人もいる。最後の急斜面をジグを切って登ると広くて平坦な山頂に出る。スコップでテーブルを作って昼食にする。白い雷電岳の壁が迫力がある。45分ほどまったりして下山することにした。雪質は少し重いが南西尾根の3.5kmダウンヒルコースは最高に楽しかった。

最終人家の道路脇に駐車する
三国内を見ながら林道を進む

目国内岳を右手に疎林の南西尾根を登る

最高の天気!白い三国内を目指して進む。何とも気持ちよい

白く輝く目国内岳を見ながら休憩タイム

★次の写真へ続く

dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system