藻琴山 1000m


屈斜路湖を見ながらの小さなアップダウンコース。眺望は最高!

コース名藻琴峠コース   
登山日2010.4.3(土) 山スキー
天候曇り→吹雪→曇り
メンバー山メーリングリスト仲間8人
道路情報札幌から東藻琴に行って道々102号を南下。藻琴峠に駐車スペースがある。ハイランド小清水725への道は通行止め
参考タイム【12:30】登山口(1゜20')【13:50】山頂【14:05】(35')登山口【14:40】   ( )は休憩時間含む
所要時間登り:1時間20分  下り:35分
山行メモ一泊二日の海別岳登山の1日目の山スキー山行。自宅5:30発。あいの里のMさん、岩見沢のWさんを乗せ岩見沢ICで高速へ。もう1台と合流する場所を岩見沢SAにした。40分ほど早く着き待つ。I車も3人を乗せ到着、一路車2台で高速を走らせる。深川付近で猛吹雪に遭う。高速は3月末に丸瀬布まで繋がったばかりだ。ETC車なので片道1000円。丸瀬布から端野町、美幌町と走り、東藻琴から南下し藻琴峠に着く。既に3台の先着あり。道路脇の空きスペースに止め、もう1台美幌から来る二人を待つ。まもなく二人が到着、8人での山行だ。空は曇り空、好天に変わることを期待し、山スキー5人、スノーシュー3人で出発。一度夏山を登ったがガスと小雨模様で何も見えず、ただ登ったと言うだけの記憶しかない。最初は広い緩斜面を登る。屈斜路湖が微かに見え、湖面が氷結しているのが分かる。700mぐらいから細尾根となり、左側に雪庇が現れる。小雪がちらつき、視界はあまりよくない中、黙々を登る。やがて屏風岩が出てきて、ここでスキーをデボ、つぼで登る。視界が益々悪くなり猛吹雪に変わった。左からの強風で頬が冷たい。これでは山頂から何も見えないだろうと思いながら進む。しかし山頂近くなってから一気に視界が広がる。みなさん、その急な変化に感動、歓声が上がる。「結構、いい山だね!」と話ながら山頂を目指す。山頂からの屈斜路湖の広がりも素晴らしい。斜里岳、摩周岳、雄阿寒岳なども見える。地形図での標高は999.9m。あと10cmで1000mジャスト。石ころ一つを積めば1000mの山だとか話題になる。昼食も終わっているので、記念写真を撮って下山。視界がよいので、快適な尾根下りを満喫、約35分で駐車地点に着く。今日は何か得した気分だった。
宿泊斜里温泉「湯元館」一泊素泊まり3780円

駐車地点からの登り斜面
曇り空の緩斜面を進む

屏風岩付近から吹雪く
山頂直下から視界がよくなる

山頂はもうすぐ。屈斜路湖は凍っている

藻琴山山頂

視界がよくなり快適な下山

dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system