手稲ネオパラ 838m


札幌の市街地から最も近い山スキールート

コース名西野浄水場コース   山スキールート図はしんりさんのページを参照
登山日2002.3.24(日)
天候曇り時々雪
メンバー単独
所要時間【9:30】駐車場(40')最初の林道合流点(30')482m横(1゜20')山頂(40')駐車場【13:15】
※休憩時間含くむ上り:2時間30分。下り:40分
道路情報札幌市街から駐車場までの案内はJAJAさんのページ参照。
道路の終点でUターンし、道路脇に駐車。
山行メモ昨日までの黄砂で外出する気にもならなかったが、朝起きると新雪で真っ白。急遽、前から行きたいと思っていた自宅から近いネオパラ山へ。しんりさんのページからルート図、JAJAさんのページからは浄水場までのマップを印刷して持っていく。西野浄水場であまりにも道路脇に置きすぎて、愛車が埋まってしまった。近くで山スキーの準備をしていた親切な女性2人が駆けつけてくれ、車で牽引し無事脱出。ありがとうございました。ほっとしてしんりさんのルート図、高度計、コンパスを頼りに出発。5~10cmほど降った雪にツボ足の跡があり、そのトレース上を読図をしながら進む。沢地形なので分かり易い。たまぁに赤いテープがある。林道と交差する最初の地点でストックの輪環が外れて捜すのに時間を費やしていると、先ほどの女性パーティが現れる。林道を来て、そのまま林道を歩いていくと言う。私はしんりルートで。2回目の林道交差地点からスキーのトレースが現れる。最初の急斜面を越えて進むと山スキーに最適な広い斜面があり、テレマークスキーの男性に会う。この男性は最初にツボで歩き、途中でスキーに履き替えたと言う。テレマークスキーの練習をこの斜面でするみたいだ。この後、もう一度急斜面を登ると山頂へ到着。山頂は木が無く平らで広い。札幌市街は靄がかかって見えないが風も無く静かな山頂。冷たいビールが旨い。おにぎりと野菜入りラーメンを食べ40分休憩し下山。少し重い雪だが、まぁまぁターンも出来る。先ほどの広い斜面で3パーティ、6人が滑っていた。みなさん山頂までは行かなかったようだ。いろいろと話をして、私は来たトレースに沿って滑る。スピード感溢れる滑りを満喫して下山する。
自宅からこんな近くに山スキーができるルートがあることが何よりも嬉しかった。

550m付近からネオパラ山が見えてくる
山スキーに最適な広い斜面

誰もい居なかった広い山頂


dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system