日勝ピーク 1445m


開放感溢れる山。最高の眺望が手軽に得られる

コース名日勝峠コース
登山日2010.5.15(土) つぼ足+スノーシュー
天候快晴
メンバー妻と二人
道路情報日勝トンネル(日勝峠)の日高側入口に広い駐車場がある
参考タイム【10:50】駐車場(1゜10')山頂(40')【12:40】山頂直下【13:30】(30')駐車場【14:00】   ( )は休憩時間含む
所要時間登り:1時間10分  下り:30分
山行メモ今年の雪解けは平年より半月は遅いのではないか。山にはかなり雪が残っているようだ。妻は最近山にあまり行っていないので、短時間で登れる山を考えていた。日勝峠まで遠いが、好天の予報だったので、ドライブを兼ね思い切って行くことにした。朝から快晴、無風で空気が輝いている。山に雪が残っているか心配しながら向かったが、杞憂に終わる。登山口である駐車場には既に8台の車が止めてあった。山スキーのカップルが先に出発。駐車場からほぼ山頂が見える近さだ。妻は長靴、私は新品の残雪用登山靴(スカルパ)。それぞれスノーシューとワカンをザックに付け、つぼで登る。雪が締まっていて抜からず快適に高度を上げる。この山は樹木が殆ど無く、広大なオープン斜面で山スキーヤーに人気がある。高度がみるみる上がって行くのが分かる。振り向くと熊見山、1327峰、双珠別岳が曲がりくねった国道を挟んで眼前に広がり、遠くに石狩連峰、ニペソツが見えてくる。ハイマツが少し出ている部分もあるが踏み抜くことはない。高度が上がるにつれ大展望が広がる。すごく開放感に溢れる山だ。大雪連峰、十勝連峰、芦別岳、夕張岳などの白い山の連なりが青い空に浮かび細長い島のようだ。山頂に近づくと、今度は芽室岳や西峰、ペケレベツ岳など北日高の山並みがこれまた素晴らしい。山頂はハイマツに覆われている。一番気になったのが沙流岳だ。ハイマツの山頂から眺めても分からない。つぼだと辛いのでスノーシューとワカンを履いて沙流岳を捜す。すぐ近くだとばかり思っていたが予想外の遠さだった。山頂直下で雪のベンチを作り最高の景色を見ながら昼食にする。下りはいつものとおり楽。一気に下り駐車場に30分ほどで着く。帰りに温泉で汗を流す。体調もすこぶるよい。暑いので贅沢にも車のエアコンをかけ、好きなロックを聴きながら気分よく帰宅した。
山座同定石狩連峰、ニペソツ山、ウペペサンケ山、東ヌプカウシヌプリ、西ヌプカウシヌプリ、大雪連峰、十勝連峰、芦別岳、夕張岳、雌阿寒岳、熊見山、1327峰、双珠別岳、ペケレベツ岳、芽室岳、沙流岳
温泉穂別温泉「はくあ」500円

日勝トンネル前(日高側)の駐車場
硬雪をつぼで登る

平坦に見えるが勾配はある
ピークを見ながら登る

高度を上げると大雪・十勝連峰が見えてくる
山頂はハイマツ帯だ

山頂からの日高の山々。右端の山が沙流岳。結構遠く見える

真近に見えるペケレベツ岳
1327峰と双珠別岳(左)

山頂直下から見る大パノラマ

青い空に白く輝く山々。下りは楽だ

駐車場まで一気に下る。駐車場は広い


dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system