2012冬山遭難防止講習会2日目(ニセコアンヌプリ920m付近)


安全なルート取り、弱層テスト実践のあと鉱山の沢の雪崩現場を見学

コース名五色温泉からニセコアンヌプ920mまで
登山日2012.2.5(日)。メンバー9名
天候
道路情報五色温泉前を過ぎると広く除雪してある(夏期の駐車場)
所要時間登り(920mまで):1時間20分 下り(920mから):30分  登りは弱層テストなどの実践講習時間を含む
山行メモ北海道の山メーリングリストでの冬山遭難防止講習会の二日目。昨日と同じく雪が降る中での講習会となった。9時前に五色温泉の広くきれいに除雪してある駐車場に着く。今年は豪雪で凄い高さの雪壁だ。O講師から今日の講習内容と注意点を聞き出発。 途中で、雪崩を回避するルート取り、アクティブチェック方法、積雪断面観察、ショベルコンプレッションテスト(弱層テスト)を実践。弱層テストでは深さ約50cmの所に評価4~3の危険な弱層あり。その後、雪面の斜度は18度でゆるやかなので問題ないとして920mまで登り、2011年正月に雪崩で一人が亡くなった鉱山の沢を見学する。スキーヤーにとって涎が出そうな斜面だった。ここで記念写真を撮って下山。深く重い雪で、みなさん苦戦しながらも無事駐車場に到着。11:30終了。ボランティア講師のOさん、ありがとうございました。参加された皆さんお疲れ様でした。
温泉湯心亭。露天風呂は最高。700円だがカツ丼ランチセット1200円等をみなさん注文

五色温泉の広く除雪された駐車場
O講師から注意点の説明

急な雪壁を登りスタート
弱層の雪の結晶をルーペで見る講師

コンプレッションテストの雪柱を作る
雪面の斜度を測る

弱層テストが終わって講師から講評
雪崩現場見学のため更に登る

2011年正月に雪崩で1人が亡くなった鉱山の沢を見学し下山

元に(1日目)に戻る

dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system