信砂岳 927m

(のぶしゃだけ)
広大な雪原を経て山頂へ。雄大な暑寒連峰が一望できる

(夏道は無し)
コース名東尾根コース      GPSトラック図
登山日2006.5.4(木) 山スキー
天候快晴
道路情報国道275号の北竜町和から道々94号(稲田-増毛線)へ入る。恵岱別ダムからヘアピンカーブを過ぎてから約3.5kmで共栄橋。共栄橋付近に駐車。そこから尾根に向かう
所要時間登り:2時間55分  下り:1時間1分  休憩時間を含む
参考タイム【8:20】共栄橋(1゜55')山頂(1゜10')共栄橋【13:20】   ( )は休憩時間含む
山行メモあいの里6時発。今日は快晴の天気予報。275号線を北竜町に向かう。北竜町和(やわら)で左折し、道々94号線へ。初めて走る道々、いい道だ。時々、目指す信砂岳が見える所がある。左に恵岱別ダムが現れ、ヘアピンカーブを過ぎると峠らしくない御料峠となる。そこから数分走ると小さな共栄橋がある。ここが今日の出発点だ。道路脇に駐車し目指す尾根を確認、私は山スキー、妻はつぼ足で出発。最初は急斜面、やはり長靴の方が速い。時々妻が待ってくれるような状態だ。尾根上を忠実に辿る。尾根には5回ほどの上りがあり、辛抱強く登る。途中で海に浮かんでいる白い利尻山が見えた。初めての経験。想像していたより大きく見えて嬉しい。C870を越えると広大な雪原となる。ダケカンバが疎らで山頂がどこだか分からない広い雪原が続く。コンパスを予め切っていたので、その方向に進む。樹氷が融けてパラパラと落ちる音が何とも心地よい。山頂と思われる盛り上がった地形を目指すとやがて白い暑寒別岳が突然現れる。平坦な山頂に着き、嬉しさのあまり即座にカメラのシャッターを切る。主峰「暑寒別岳」を中心に覚えのある山々が連なる雄大な景色を堪能しながら昼食にする。1時間ほど景色を見ながらゆっくりした後、下山。下山はやはり山スキーが速い。最初はザラメで快適だったが、だんだん腐れ雪となり滑りずらい。怪我をしないように慎重に降り、無事共栄橋に着く。
山座同定南暑寒岳、奥徳富岳、暑寒別岳、西暑寒岳、雄冬山、天狗岳、利尻山、三頭山、ピッシリ山、大雪・十勝連峰

北竜町から。左は恵岱岳、右が信砂岳
道々94号、共栄橋付近から尾根に向かう

尾根の急斜面を登る
尾根を忠実に辿る

広大な雪原。山頂は何処…
暑寒別岳が顔を出し、ようやく山頂へ

信砂岳の山頂からの雄大な暑寒連峰

樹氷が綺麗だった
信砂岳を下る。遠くに三頭山、ピッシリ山が。


dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system