オコタンペ山 968m(880mポコまで)


単独で北海道雪山ガイドの取材に行く。30cm新雪ラッセルで時間がかかる

コース名漁川林道・北東尾根(登り)→880ポコ→東尾根(下り)       GPSトラック図
登山日2015.3.6(金)
天候曇り・小雪
メンバー単独  スノーシュー
所要時間【10:00】駐車地点(10')林道入口(1゜10')746m標高点(1゜20')【12:40】880mポコ【13:15】(1゜00')登山口【14:15】  ※休憩時間含くむ  上り:2時間40分。下り:1時間
道路情報国道453号のオコタン入口から150m先(支笏湖方面)に除雪された駐車スペースがある。
山行メモ天気予報は曇りだったが、朝起きると快晴に近い晴れ。3年前に登ったが忘れていることが多いので、北海道雪山ガイドの取材で急遽行くことにした。漁岳林道入口に1台車が駐めてあったので、支笏湖側に行った所の広い除雪スペースに車を駐めて出発。10分ほど国道を歩き林道に入る。30cmほどの新雪でスノーシューを履き林道を進む。左の看板から少し進み林道を離れ、左手に入り目的の尾根を目指す。尾根は最初は緩やかだが後半に勾配が急になり、スノーシューにはつらい。何とか登り746m標高点の手前に上がる。左に恵庭岳、右に漁岳が望め、高度を稼いだことが実感する。これからは雪庇の発達した平坦な尾根となる。雪庇が嫌なのでなるべく樹木の生えた近く、あるいは樹木の中を歩く。特に880mポコ直下の雪庇は少し亀裂が入っていたので慎重に通過する。標高差100mの登りは急で、ジグを切って登ると平坦な円いポコに上がった。小雪も降ってきて目指すオコタンペ山は見えない。時間も押してきて体力も消耗していたので昼食にする。やはり単独は何となく寂しい。下山は東尾根を使うことにした。東尾根はオープン斜面もあり、疎林でスキーでもよさそうだ。途中で急な斜面もあるが問題ない。最後に20mほど登るとオコタンペ湖に続く、除雪されていない道道78号に出る。そのあとテクテクと40分ほど歩き駐車地点に無事到着

広く除雪された駐車スペース
オコタン入口に工事のセフテーンコーン

この看板の先から林道を離れ尾根へ
746標高点近くからの恵庭岳

746標高点近くからの漁岳
雪庇が発達した北東尾根

北東尾根から望む880mポコ
880mポコは平坦

880mポコからのオコタンペ山
880mポコからの恵庭岳

下りは東尾根を使う
オコタン入口に到着

1回目のオコタンペ山(2012.4.14)へ

2回目のオコタンペ山(2015.3.15)へ


dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system