音江山 795m


登りは雪山ガイドコース、下りは夏道コースを使い周回する

コース名登り:雪山ガイドコース 下り:夏道コース       GPSトラック図
登山日2013.4.5(金)
天候晴れ
道路情報旧鳩乃湯温泉まで除雪してあり、5台以上は駐車できるスペースだった
参考タイム【8:15】鳩乃湯登山口(2゜05')山頂(2゜00')鳩乃湯登山口【12:50】
( )は休憩時間含む
所要時間全行程所用時間:4時間35分
山行メモ雪山ガイドの除雪終点から鳩乃湯登山口まで除雪してあり歩かずに済んだ。休業中の鳩乃湯温泉は倒壊して雪の中。待合川の橋を渡り雪山ガイドコースを登って行く。スキーやスノーシューのトレースがあるので、そのまま進む。・529の腹の南側に向かってトラバースし途中でオキリカップ川支流川のスノーブリッチを渉る。ここから200mの標高差を登ると音江山の北西尾根に出る。振り返ると深川市街や納内の街などが点在する空知平野が望まれる。尾根は徐々に疎林となり、木の無い山頂に向かって登る。今日は全道的に晴れ予報だが霞がかかった感じで期待したほどスッキリ感はない。山頂は360°の大展望。芦別岳、十勝連峰、トムラウシ、大雪山、そして増毛連山、樺戸連山と一周ぐるりと山座同定に時間を忘れる。30分ほど休憩をとり、夏道コースを下山することにした。気温が上がり抜かるのでスノーシュー、ワカンをそれぞれ履く。・529ピークの手前ポコの前で夏道を離れ南西斜面を下りると登りのトレースに合流した。あとはトレースを忠実に辿り登山口へ。誰にも会わない静かな山行だった。
温泉江部乙温泉(500円)

広く除雪された登山口駐車スペース
鳩乃湯温泉は倒壊し雪の中

最初の尾根への登り
北西尾根に上がる。後は空知平野

円い音江山の山頂
沖里河山、無名山、イルムケップ山が望める

夏道コースを下る

音江山直下(北斜面)の全層雪崩
夏道の分岐標識

大きな雪庇
・529に向かう尾根を下りる

2004.3.20の音江山・山スキー記録へ

dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system