旧手稲千尺スキー場コース 490m


コース名旧手稲千尺スキー場コース
登山日2004.3.13(土)
天候曇り時々晴れ
メンバー会社の山友達ご夫妻と三人。山スキー
所要時間※休憩時間含まず上り:約1時間20分 下り:約30分
道路情報手稲冨岡から旧手稲千尺スキー場コースに向かう。道路脇に駐車。
山行メモこのスキー場は閉鎖されているが、子供が小学生だった頃、よく家族で行った懐かしいコースだ。札幌の街に近いが、今は殆ど訪れる人はいない静かな山となっている。黄砂が降った後に数cmの雪が積もった状態で、湿った雪質で滑りは期待できないようだ。外気温が高く汗をかく。一本目のリフト終点から左折し、左のスキーコースを登る。シールに雪が付き、高ゲタ状態で錘をつけて歩いているよう。まぁ、これも体を鍛えると思えば、いいかと妙に納得。後を振り向くと、手稲、石狩市の街と石狩湾が広がっている。時々、青空になったり、雪がチラついたりの気候。途中で小休止し、ツェルトの張り方の研究や雪洞掘りを試みる。2本目のリフトの左側の緩やかなコースを黙々と登り、やがてリフト終点へ。手稲山が鎮座し、オリンピアスキー場で滑っているスキーヤーが望める。写真を撮って下山。メインのスキー場コースを一気に滑り下りる。帰りは、新しい銭湯に入った後、中華の店で昼食。手稲のSさんの家でエスプレッソコーヒーをご馳走になり3時ごろ帰宅。帰ってから昼寝をし、何かゆったりしとした得した気分の一日だった。Sさんご夫妻ありがとうございました!

リフトに沿ってスタート振り向くと札幌の街が広がっている
帰りのスキーが楽しみな斜面リフト(休止)終点。バックは手稲山

dummy

はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system