積丹岳 1255m


標高差1100mのロングコース。楽しく滑ることができた

コース名夏道コース   登りの沿面距離:8.2km。累積標高:1176m   山スキー
  GPSトラック図
登山日2017.4.20(木)
天候曇り・山頂部ガス
メンバー山のメーリングリスト(HYML)仲間4人
参考タイム【9:00】浄水場(4゜30')【13:30】山頂【13:40】(1゜50')浄水場【15:30】  ※休憩時間含くむ
所要時間上り:4時間30分。下り:1時間50分   ※休憩時間含くむ
道路情報国道229号の積丹町婦美地区に積丹岳入口の看板がある。そこを入って行く。暫くすると浄水場の除雪終点。3台ほどの駐車スペースがある
山行メモ昨日は低気圧が通過し、深夜に雪が少し降った。降雪は3cmほどで山は真っ白くなっていた。浄水場駐車地点からシートラで出発。地図に無い林道が途中で分岐しており右を進む。何か変だとGPSで確認すると休憩小屋から離れて進んでいた。途中でスキーを履き、C450の夏道にコンパスを切って進む。その後はほぼ夏道に沿ってルートを取る。疎林の中を進むが標高点629mで開けた台地の雪原となる。所々に標識テープとルート旗を打って下山で迷わないように慎重を期す。標高700mで小沢を通過する。樹木も無くなり1100mからはハイマツ帯も出てくる。相変わらずのどんよりとした曇り空だが、風が強くないので助かる。後ろを振り向くと日本海。天気のよい日はさぞかし気持ちがよいだろう。途中でスキーアイゼンを付ける。山頂手前のポコは北側をトラバース。山頂直下の急登はジグを切って登る。山頂はガスがかかって何も見えないが、山頂に立てて大満足。山頂写真を撮り、滑降準備をしてすぐに下山。上部は氷結したザラメと新雪の斑模様だったが、ストップ雪でもなく、気持ちよくターンすることができた。途中の風の無い所で大休止。除々に新雪がシャーベット状の重い雪となってきたが、できるだけ足に負担をかけないように滑った。下山は休憩小屋経由のルートを取り、途中からシートラで歩き、無事駐車地点に着く
温泉余市川温泉 440円

林道をシートラで歩く
629標高点の台地に出る

積丹岳ツアーコースの標識
標高700mで小沢を渡る

貫禄のある樹(標高700m近く)
少し青空が見えたが一瞬

海を背に登る
ルート旗を所々に打って行く

山頂近くのハイマツ帯
山頂は眺望がなかったが大満足


dummy


はじめての山スキーへ    inserted by FC2 system